カテゴリー別アーカイブ: Eye-fi

Eye-fiダイレクトモードを誤解してた

Eye-fiはもはや存在が当たり前の素晴らしいデバイスです。最近、ダイレクトモードという新機能が追加されました。斬新な機能なのですが、自分の中で誤解があったのでメモしておきます。

YouTube

簡単に説明すると、ダイレクトモードなしの場合、Eye-fiが、登録されたAPを認識するとその時点でEye-fiのサーバーを通してMacやflickrにアップロードを開始する。自宅ではいいけど外出先ではモバイルルーターが必要になる。この場合は外出先では写真を撮った瞬間からflickrにアップされ、帰宅後にMacを立ち上げるとMacに写真がダウンロードされる。

 

ダイレクトモードを有効にすると、指定した時間内に登録されたAPが見つからない場合に限ってEye-fiからiPad/iPhoneに直接写真が転送される。flickrへの転送はiPadのEye-fiアプリを通して自動で行われた。しかし今回誤解した落とし穴はここから。ダイレクトモードを使った場合、Eye-fiの仕事はここで終了。つまり、家に帰ってデジカメの電源を入れてもEye-fiのサーバーに写真はアップロードされない。つまりiPadに転送された写真をMacに同期させようと思うと、iPadをMacにつないで写真を同期させないといけない。

 

何を勘違いしていたかというと、外出先などのAPがない状態ではダイレクトモードでiPadに直接転送でき、なおかつ家に帰れば今まで通りEye-fiサーバー経由でMacに転送されるものだと思い込んでしまっていたところ。これは重大な勘違いで、Macに写真を同期するためにiPadをケーブルでつないでちゃ普通のSD入れたカメラをMacにつなぐのと何も変わらないわけですよ。
それであれば、モバイルルーターでいつでもどこでも写真撮った瞬間からflickrにアップしてもらい、iPadでflickr見ればよく、帰宅したらMacにも自動で転送される、このいつものパターンの方が自分には合ってるし、そうなるとダイレクトモードというのは自分にとって必要ない物だったのではないかと気づいてしまったわけです。

頭が混乱してきましたね。そもそもどうして自分がダイレクトモードに期待してiPadへの自動転送を必要としていたかというと、都心部と違い、名古屋ではWiMAXのエリアがそれほど盤石ではないというのが挙げられ、その場合の補助としてダイレクトモードでiPad2 with 3Gへ転送し、iPadから3G回線でflickrにアップロードするという用途を考えていたからでした。つまり、ゴールはあくまでflickrとMacであり、iPadのみに転送する必要は俺の場合はないわけです。

この事実に気づいてしまい、ダイレクトモード以外の選択肢を考えたところ、iPhone4のpersonal hotspot機能に行き着きました。バッテリーの減りを考慮すると必ずしもベストとは言えませんが、エリアという点では最強のドコモです。モバイルルーターと違い、常にONにしておくわけには行かず、Eye-fiを使いたいときにはiPhone4を取り出してhotspotをONにしないといけないのでストレスフリーとは言えませんが、どうしてもWiMAXが入らないときに限って使うと考えれば大したストレスにはならないかもしれません。

 

ダイレクトモードはあくまでも登録されたAPが一定時間内に見つからない場合に限って起動するように設計されています。これはこれで複雑ではありながらも親切設計なので、WiMAXもiPhoneも入らないときの奥の手として使おうかとも考えたのですが、運用が複雑になるので結局OFFにしました。何も考えずにそこら中にuploadしてくれるのがEye-fiのスマートな点ですのでシンプルな運用を最優先にしました。自分にとっては写真のゴールはあくまでflickrとMacのみに絞り、それ以外は介在させないというシンプルなルールにしたいと思います。あくまで自分にとってのベストな方法であって、Macへの自動転送を必要としなければダイレクトモードは相当便利だと思います。同じ勘違いをされてた人は参考にされてください。

ついでなんですが、Eye-fiには早期に自前のMacクライアントを作って欲しいですね。AIRでは使いにくすぎます。

Posted from dPad on my iPad