カテゴリー別アーカイブ: Apple

iPod touch 6th gen

iPhone SE買う前になぜか最新のiPod touchまで買っていたのを忘れていましたので記事にします。

と言っても自分で今更使うわけもなく,これは4歳の長男用です。子供って電話好きみたいで2歳の次男も親が電話を耳に当てて話す光景が激減しているにもかかわらず親のiPhoneを勝手に持ち出しては耳にあてて一人でしゃべっています。そしてなんでも大人と同じことをしたくて仕方ない長男がiPhone欲しいと言い始め,また父親としては意図的に仕事増やしてる時期で家にいないことも多く申し訳ないのでFaceTime専用機として購入しました。

なぜか彼らは物をよく落とすのでディスプレイのプロテクターとフリップ式のカバーも。いわゆる手帳型のこうゆうカバーって耳に当てて電話してる姿が恐ろしく間抜けなので大嫌いなのですが防御力を優先してチョイス。

あれだけ電話したいしたいと言ってたくせに買ってやるとあまり電話してこないのですがまあそんなもんです。かかってきてもメロン買ってきて欲しい,寿司買ってきて欲しい,バイバイ,だけなのでまあいいんですけどね。王様かと。

iPhone SEとOmoidori開封レビュー

前回ほぼ予告していたとおりiPhone SE買いましたよ。Apple StoreでオーダーしたSIMフリーです。

iPhone 6sPlusに加える2台目として16GBなら許容できる値段ですね。

とりあえず開封。ノスタルジックな感じになりますね。よくこんな小さな画面毎日見てたなぁと不思議な感じです。文字すごい打ちにくいし。

で,使い道ですが,前回書いたようにOmoidori専用機としての役目のほか,現在Atermモバイルルーターに刺さっているDMMモバイルのデータSIMを差し替えてルーターがわりにするつもりです。

ただここで問題。Atermに刺さっていたSIMがmicroSIMだったんですよね。。すぐにDMMで手続きしてnanoSIMを送ってもらうよう手配したのですが待ちきれずに買ったのがこれ。

アクティベーション専用SIMなんてものがあるんですね。知りませんでしたがamazonでたったの680円でした。無事にアクティベーションできました。

そして先週届いていたOmoidoriもとりあえず開封だけしてみました。

本体,電池,iPhoneSE用のスペーサーが入ってます。

意外と小さいです。

しかし広げるとこんな感じ。アルバムの写真の上に被せるんだからこれくらい当然ですね。

早く試したいんですが実家に帰らないとアルバムそのものがないのでしばらくお預けです。

久々のiPhone2台体制ですので2台目のテザリング以外の使い方はゆっくり考えていこうと思います。ほんとは考えてから買うべきなんですけどね。

ブログ12周年とiPhoneSE買うかどうか

2004/6/19からいつのまにやら12年経っていました。

モチベーションとして思い当たるものが何もありません。大した進歩もせずよくもここまでダラダラとバカみたいにやってきたものだと驚き呆れますが辞めるのも勿体無いのでもう少し続けます。

さてiPhone SEですよ。。iPhone 6s Plusをauで使っていてこれ自体には何の不満もないしもう1台iPhoneが必要なはずはまったくないんです。

ただPFUがOmoidoriという製品をリリースしたのが悪いんです。もっというとiPhone 6s Plusの大きさに対応しなかったのが諸悪の根源。iPhone 6sの大きさにデフォルトで対応していてSEサイズはアダプタかますことで対応可能。古い機種だと読み取り解像度が悪くなるのでSEか6s買うしかないんですよね。

奥さんがiPhone 6ユーザーなのですが6sじゃないから画質下がるしそもそも俺のアルバムをスキャンするたびに嫁さんのiPhone借りるのも馬鹿らしい。実家はというと5sが2台。。計ったように外してきています。

Omoidori買わなきゃいいじゃないかという話で,実際見送る予定だったのですが昨夜酔っ払ってyodobashi.comのお気に入りページからうっかりオーダーしてしまったようなのです。もうしかたない。

DMMモバイルのデータSIMが1回線あるのでそれを使ってiPhoneSEをなかばモバイルルーターがわりに使えばOmoidoriのためだけに買うわけではないと言い訳できるのでSIMフリーモデルを検討してみました。Appleのサイトで試算してみると16GBなら5万円で買えるんですね。日頃なんのために16GBモデルなんて用意してるんだ512GBモデル出せとか思ってましたが,Omoidoriのためだったんですね。

いまポチる寸前です。全部PFUが悪いんだ。

WWDC2016Keynoteを見て

Appleのイベントはテンションが上がりますね。
今回は新製品が発表されなくてどうのこうのと言ってる人もいますが,そもそもそうゆうイベントじゃない以上ナンセンスでしかないのでMacBook Proは別のspecial eventに期待しましょう。

感想最初に言っちゃうとAppleにはもう飛び道具は必要ないんだなという強さですね。

1つのOSも完成させられずに倒産しかけてたAppleが4つもOSを花咲かせてるって隔世の感がありますね。それだけOS Xはすごかった、NeXTすげー。

OS XとSiriだな。毎回思うけど仕込みが凄い。

watchOS3

watchOSもついに3世代目に。今まではチャットアプリで受信した通知がきてもAppleWatchでタップして開くまでにかなり時間がかかっていたのが早くなれば単純に体験は向上しますね。medical IDとかSOSが個人的にはよかった。breathもいい視点だと思います。

 

tvOS

RemoteのiPhoneアプリのbetaが提供されました。この辺は本来は新型AppleTVと同時に出して欲しいかな。シングルサインオンは素晴らしいけど結局カギはSiriっぽい。

macOS Sierra

今回から噂どおり改名。というより回帰ですね。

Mac OS 9の次だからMac OS Xでしたが,その次からはMac OS Xのまま10.1, 10.2・・・10.11とナンバリング的にはわかりにくくなってましたね。確かにそろそろXじゃなくてもいいのかなという気もします。Mac OS X誕生からもうそんなに経ったんだなぁ。。

Continuity, Siri, iCloudがメインでしょうか。とにかくiOS,watchOSとの連携が深まるのは大歓迎,遂にはアンロックパスワード入力も不要に。ところでTouchID搭載Macって出るんですかね。出そうだけど。iCloudに関しては今までのようにiOSデバイスとのファイル共有というよりもストレージの容量確保のために使われるようになるとか。iCloud 最大1TBって全然足りないと思うんですけど。いままでモバイルがメインだったSiriがデスクトップにもやってくるわけで全然違う使い方が出てきてさらにSiriは賢くなるでしょうね。いろんな知恵をつけられて賢くなって欲しいです。

ついにHFS+の終了が近づいてるのも感慨深い。。

iOS10

SierraがOS Xのままだったら混乱を招いたであろうiOS10。iOSもいつの間にか10世代目ですよ…

ロック画面すごいですねwもう大体ここでいいんじゃないの…

TouchID2が速すぎてあまりじっくり使ったことないんですが,カメラの起動は間違いなく早くなりそうです。

Map。。個人的には日本ではまだ不便な点はあっても好きなアプリなのでさらに進化のスピードが上がることを期待。

あとはほとんどiMessageの話しか聞いてないんじゃないかというくらい力入ってたiMessage。LINE殺してもらって構わないので大歓迎。顔文字も絵文字も面倒なので短いテキストだけで返信するのが好きなんですができるのとできないのとでは大違い。

写真アプリはTimehopとrealtimes殺しに来たのかなとwこれまた正統進化で大歓迎ですがくどいようだがiCloudが1TBじゃ足りないんですよ。なんとかしてください。AppleMUSICも順当に進化。Spotify?なんだっけそれ。

Homeも日本でどうなるかApplePayの次くらいに興味あるんですが何よりも最後に出てきたSwift playgrounds。これを機に勉強して子供にも教えて遊びたいなと思ってます。こうゆう環境まで用意してくれるApple。ちょっともう格が違ってきちゃいましたね。

Shoulderpod S1

iPhoneを挟み込むようにホールドしてカメラ使用時の安定性を高めるグリップ,Shoulderpod S1を購入しました。

グリップはかなり大きく開くのでカバーをつけたiPhone 6s Plusでもしっかりホールドできました。

グリップは適度に重みがあります。さらに着脱可能。

グリップを外すと三脚を接続できます。自宅にあったゴリラポッドを接続してみました。普段はこの状態でバックパックに入れてます。このままゴリラポッドをダッシュボードに安定させられたら車載タイムラプスにも挑戦してみようと思います。

ゴリラポッドはiPhone4sの頃に買ったものです。Sholderpod S1のおかげでiPhoneのサイズが変わってもゴリラポッドにつなげることができるようになりました。

iPad Pro 12.9inchを256GBに買い換えた

先日のApple発表会に関しては前半部分の方がおもしろかったものの,後半の製品発表に関してはiPad Pro 9.7インチもiPhone SEも個人的にはサイズ的にまったく興味なくどうでもいい時間だったわけですが,よくよく見るとiPad Pro 12.9インチに256GBモデルが追加されております。

ちょうど128GBモデルがいっぱいいっぱいになっていたので少し迷ったのですが,考えても仕方ないので購入しました。おそらく半年後にiPad Pro2が出るのかな,というところだけなんですよね迷ったのは。それまた絶対買うので半年で買い換えるとわかっているものを買うのもなぁ,と。

今回のイベントでiPad ProはポストPC的なこと言ってた割に256GBでも正直控えめだなとは思いますが。

新旧iPad Pro。違いは容量のみ。

128GBの方はいしたにさんにタイミングよくご購入いただきました。

画面が大きくて何が嬉しいって,観たり読んだりするコンテンツ,受け身なコンテンツなんですよね。NETFLIX, huluしかり電子書籍しかり。クリエイティブでも何でもない,ソファで横になってぼけーっとiPad Pro眺めてる時間こそ大画面万歳なのです。雑誌に比べたらまだ小さいくらい。12.9インチあるとどんな雑誌でもピンチせずに横開きで読めますよ。ページめくるたびに指開いて閉じて,なんて嫌なんです。写真集も大きい画面のほうがいいに決まってます。

もちろんApple Pencil使ってノートとったり絵を描いたり,という作業も大きいほうがいいです。頭の中の代わりなんだから広いほうがいいです。こればっかりは体格の個人差もあるので好みですけどね。好みに合わせて小さいiPad Proも選べるということ自体はとてもいいことです。

iPadと同じくらい気になってたApple純正USB-C to Lightning Cable。やっとこのあたりのバリエーションが出てきました。MacBook持ってる人には必需品。これでiPad Proの充電時間が短くなります。

あとは毎回言ってるけどiCloudのストレージが1TBしかないってのはどうなんでしょ。これで写真やアプリのデータ同期しろって言われても。。3TBプランくらい設けて欲しいです。

Withings Smart body analyzer

AmazonのSpring time saleで色々買い漁ったのですが、その中でも待ち望んでたのがこれです。WithingsのSmart Body Analyzerです。

特に新製品ではないので製品については今更感がありますが、簡単に言うと乗るだけで体重、体脂肪率を測定してiPhoneのアプリに転送してログを取れる体重計です。最近ではAppleのhealth careアプリにも対応しています。

あとなんかHRと室内のCO2濃度も測れるらしいです。天気予報もあるので毎朝体重計る習慣つけると便利かもしれません。

やっぱりブラックモデルを選んでいました。白もかっこいいと思います。

iPhoneアプリに体重計を登録してる様子。

Webから登録すれば家族との共用も可能だそうです。あくまでも体重で区別するらしいので夫婦で似通った体重だとご認識されるでしょうね。普通はそんなことないでしょうけど。父親と成長した息子などではありえそうですね。

iOS 標準のHealthアプリがWithingsアプリからの情報をソースとして使えるので一覧性がいいです。Appleのヘルスケア分野への注力が続けばこのアプリはとんでもない情報を持つことになりそうです。うまいこと活かして欲しいところです。

体重や体脂肪率という今までは脱衣所で数字を見て終わりだったものが連続性を持ったデータとして視認できるだけでも同じ数字の持つ意味合いはかなり変わってきますけどね。

beats pill+購入

 description=

余りに余っているau wallet point使ってbeatsのBluetooth スピーカー、beats pill +を買いました。
 description=
 description=
 description=

さすがというかAppleのようなパッケージング。
 description=
 description=
 description=

bボタン押してペアリング
 description=

やっぱりブラックモデルがかっこいいなぁ
 description=
 description=

裏にLightning端子があります。Lightningですよ

もうMicro USB消滅してほしい
 description=
 description=
 description=
Apple同様シール入ってます
 description=
 description=

Apple MUSIC聞きながら部屋でくつろぐ環境が整いました。音質も自分好み。

 description=

ポーチが付いてます。持ち歩けるようになってるわけですが、僕はもっぱら家で使います。
 description=

beats印のLightningケーブルが付いてきます
 description=

iPhoneアプリと連携して2つのbeatspillを連携させたりできるそうですが2つ買う予定はさすがにないなぁ

今回この製品を購入するにあたり、Macお宝鑑定団ブログのこの記事を参考にしました

Apple Eventを観て

先日のApple Special Event、実に素晴らしかったですね。

一般的には噂通りiPhone SEと9.7 inch iPad Proが発表されただけで期待はずれという意見も聞かれますが、個人的にはフラッグシップ以外はまったく興味ないので製品発表よりも最初の30分の方が興味深かったです。

実は、冒頭部分はどうせ中国のApple Storeがどうのこうのというクソみたいな話だろうとタカをくくってAM2:15頃に起きてApple TVつけたんですよね。FBIの話でもしてる頃かなと考えてたんですけどもうそれは終わっててCareKitの発表してました。ReserchKitだけでも素晴らしい取り組みなのにさらに発展していく。現状の他施設共同研究のハードルを簡単に下げてくれるでしょう。iPhone SEの発表が始まったのでとりあえずどうでもいいかなと思ってあちこちのライブログを漁るとAppleの再生可能エネルギーへの取り組みとリサイクルプログラム、Liamさんの顔見せと超おもしろそうなものばかり。

Podcastで配信されてから慌てて自分でもそのくだりを見てみました。

石油燃やして作った電気でモーター回しながらアホみたいな環境性能のエンジン動かして急ブレーキ急発進繰り返すドライバーしか乗ってない某ハイブリッドなんかとは次元の違う話です。普通の走行距離では絶対にペイできないですからねあれは。

太陽光、水力、風力発電設備を開発してほぼ100%そのエネルギーで賄っているApple。環境への真の取り組みって多分こうゆうことなんですけど、こんな設備投資できる企業って限られてるでしょうね。医療への取り組みもそうですがいつの間にこんなに意識高い企業になったんだAppleはw

 description=

日本でもAppleの下取りプログラムが始まったので、しまってあったiPhone出してきました。

Onlineだとギフトカードでの支払いになるようですね。今から申し込んでみようと思います。

Liamかっこい〜

あ、Apple Watch値下がりしたのでプレゼントにも手頃になりましたね

ANKER SoundBuds Sportレビュー


最近オーディオに力を入れ始めたAnkerのBT4.0イヤホンです。今回はモニターとして製品をいただきましたのでレビューします。

ANKERとしてはBTスピーカーに続きオーディオ製品第3弾だそうです。Amazonでは即日完売でした。

イヤホン本体,USBケーブル,イヤーチップ,イヤーフックのサイズ違いがセットされています。

 

IPX4対応で名前の通りスポーツ中の汗に強いです。軽くてとてもコンパクトです。さらに左右のヘッドどうしがマグネットでくっついてバッグのポケットでも場所をとりません。

イヤーピースのつけ心地は快適で固定もしっかりしています。イヤーフック型よりも耳が痛くなりにくくサングラスと併用もしやすいのでこちらの方が好きです。

音質はあまりうるさく言うほどいい耳してませんが,ジムで動きながら聴くのにはこれでいいです。値段が10倍のbeatsのPower Beats 2も持っていますがさすがに音質は値段が10倍のbeatsに軍パイが上がります。beatsも同じくIPX4防水です。

beatsは耳にかけるタイプなので多少かさばります。通話機能に関して言えばむしろANKERの方が優れていてマイクの拾いがよく口とマイクの位置関係を気にするストレスはありません。Beatsのマイクはリモコン部分にあるのですが,左耳というより首の後ろ近くまで遠ざかってしまうので手を添えないと声を拾ってくれないことがあります。

SoundBudsは連続再生8時間,Powerbeats2 wirelessは6時間。どちらもiOS9の機能でバッテリー残量もわかるので残量は視覚的に把握できます。

正直言って一番驚いたのはこの値段です。ANKERはそもそもコスパのいいメーカーですが、2000円でここまで作り込めるんですね。

どうにも最近またガジェット熱が出てきて引っ越しシリーズとしてリビングダイニングに料理中のお供としてBTスピーカーを買おうか真剣に悩み始めました。