カテゴリー別アーカイブ: Books

Kindle Unlimitedと楽天マガジン

今やどうでもよくなったSpotify程ではないものの来るぞ来るぞと言われていた黒船,Amazon Kindle Unlimitedが今月ついに日本でもサービス開始しました。

今まで(日本の)Kindleで本を買ったことはなくて,楽天koboかヨドバシのdolyで雑誌も漫画も欲しいものは買って,たまに読みたいけど買うほどではないなぁというものはauブックパスを使っていました。

昔はKindle DXとか持ってたんですけどあれで何読んでたんだろうw

Kindle Unlimitedは雑誌だけじゃなくて漫画も小説も写真集もある幅広さが魅力的でとりあえず無料期間ということで使ってみることにしました。

見て歩く者 さんのこちらのページを参考にさせていただき,自分にとって魅力のあるラインナップかどうか検証します。(あくまで雑誌のみ)
Kindle Unlimitedにラインナップされている中で読みたいのは,DIME, flick!, FX攻略.com, GENROQ, GetNavi, GoodsPress, MacFan, NHKテレビ講座,Tarzan, WEDGE, WIRED, サイゾー, デジモノステーション, 家電批評,会社四季報,月間正論あたりでしょうか。

読みたいけどラインナップされていないのが,Number, PRESIDENT, 週プレ,週刊ベースボール,上沼恵美子のおしゃべりクッキング,日経TRENDY,日経ビジネスAssocie,週刊ダイヤモンドと言ったところ。Number以外はauブックパスで読めるのでauブックパスもなかなかやるな,という印象。

そんなことしてたら楽天が楽天マガジンを発表。月410円,年間契約ならひと月あたり324円の計算です。安い!

またもやこちらのサイトでdマガジン,Kindle Unlimitedでの三者の比較がされていました。このサイトの方はすごいですね。

楽天はカー雑誌やら女性誌やら強い感じです。dマガジンどうでもいいので読みたい雑誌で二者を比較してみます。

Kindleにしかないもの:BMW complete,エロマンガ,ENGLISH JOURNAL,FX攻略.com,NHKテレビ講座,Wedge,家電批評,四季報,

楽天にしかないもの:Forbes JAPAN,Motor Magazine,ROSSO,アロハエクスプレス,ハワイスタイル,週プレ,週刊ダイヤモンド,週刊ベースボール,ダイヤモンドZai

どちらにもないもの:日経関連,PRESIDENT,Number
楽天すげー!ハワイ関連2誌,週刊ベースボール,週プレまである!Wikipediaのページとかなしでこのラインナップ!

一方で語学関連はKindle強し。とりあえずブックパス退会して楽天も無料お試し始めました。

Rakiten Magazine

好きなジャンルを選びます

Rakiten Magazine

おお!なかなかシンプルでいいじゃないですか。先ほど選んだジャンルがタブになっています。

Kindleは一旦アプリ内ブラウザでamazonサイトに飛んで雑誌を選ぶ必要があるのですが,楽天マガジンはその必要がなく,ここで選んですぐ読めます!これは大きい。むしろそれができるならなぜみんなそうしないんだ。規制があるのかと思ってたけど。

Rakiten Magazine

とりあえず目についたお気に入りを並べてみました。Kindleよりいいですよ。だって10冊制限ないから。

Rakiten Magazine

マイページから付箋つけたとこも一覧できるようです。

ちょっとなにこれ。楽天なのに使いやすい。全然アンチ楽天でもなくむしろ日本に税金を納めている楽天の方がAmazonより好きなんですけどアプリの出来はイマイチなのが多いんですよね。Viber除いて。その中で楽天マガジンはとてもシンプルですごい好きになりました。楽天らしく改悪したりすぐ辞めたりせずにブラッシュアップを続けて欲しいですね。

今のところどちらも無料お試しなのでいいのですが,どちらか切れと言われたらKindle切るかなぁ。でも雑誌以外をどれだけ読むことがあるかにかかってますが両方継続でも別にいいですね。Amazon Prime不遇の時代からのPrime会員には少し安くしてくれたらいいのにw

楽天マガジンユーザーは楽天市場やKoboのポイントが2倍になります。

いや〜いつもの後出しでとりあえず出しましたみたいなサービスかと思ってたのに楽天マガジンいいなぁ。

ちょこちょこdisってるけど楽天好きですよ。がんばって欲しいなぁと思います。

いまスウェーデンが熱い!

Camera Roll-50

Millennium『ミレニアム』を読み終えました。一時期日本でも話題になった気がするので前から読みたかった小説です。簡単に説明すると国家犯罪を暴くスウェーデンの推理小説三部作で、スウェーデン国内ではそれこそフィーバーどころではない社会現象になり映画化もされたのですが、実は2005年に出版される前年に作者であるStieg Larssonはその成功を見届けることなく若くして急死してしまったといういろんな意味で心惹かれる物語です。

続きを読む

Acrobatの落とし穴

殺人的な昼間の仕事量にちょっとおしつぶされそうになったりしつつも、先週末には尊敬する先生と飲みまくったり親友と飲んだりしてなんとか持ちこたえておりました。

今日は久々に飲み会以外の用事がないのでゆっくりしながら、書籍の電子化に邁進していたところ見逃せない事実を発見してしまい相当イラついているところです。

そもそもScanSnapで読み込む際のオプションの誤動作が多いので最近はほぼOFFにして、向きの自動補正やら白紙ページの自動削除もされないようにしています。そうして作ったPDFを今度はAcrobat 9のclearscanを使ってOCRすることによって容量を抑えつつ検索可能なPDFにしてiPadで読書を楽しんでいたわけです。

さきほど何気なくそうやって作ったPLUTO8巻をMacで眺めていたところ、なんと勝手に横向いているページがあるじゃないっすか!
一体誰の仕業かとAcrobatを通す前のPDFを見直したところキチンとすべて縦向いてました。つまりclear scanの何かの過程で勝手に向きを補正するプロセスが働いているらしい。できねーならするんじゃねーよ、と思いつつどこをどう探してもその機能をOFFにするオプションがない。。
しかもたちの悪いことに最後の方のページで横向いてたりするもんだから今まで気づかなかったみたい
結論から言うとClearScanを使うならその後の再チェックは必須ってことですね。なかなか完全自動化できないなぁ




Acrobat 9 pro

Adobe Acrobat Pro 9を導入しました。
Flashは徹底的に嫌いですが、ScanSnapにAcrobat8が付属していたのがキッカケでPDFのOCRにはとても優秀なソフトだとわかりました。 ViewerとしてはPreviewがいいと思いますけど。

で、9にした一番大きな理由はClearScan機能。
自炊した電子書籍(PDF)を iPad でサクサク表示する方法(サンプル動画あり) – 彼女からは、おいちゃんと呼ばれています
詳細は上記サイトが最高にわかりやすいので省きますが簡単に言うとOCRとファイルサイズ減を同時にやってくれるおいしい機能。
ScanSnap標準のOCRは切っておきましょう。

使ってみた感想としてはBILLY BATをスキャンしたPDFをclear scanするのに15分くらいかかってイライラしますが、結果は良好で大満足です。
実はそれほど高くないのでアップデート推奨です 🙂