カテゴリー別アーカイブ: Medical

Withings Smart body analyzer

AmazonのSpring time saleで色々買い漁ったのですが、その中でも待ち望んでたのがこれです。WithingsのSmart Body Analyzerです。

特に新製品ではないので製品については今更感がありますが、簡単に言うと乗るだけで体重、体脂肪率を測定してiPhoneのアプリに転送してログを取れる体重計です。最近ではAppleのhealth careアプリにも対応しています。

あとなんかHRと室内のCO2濃度も測れるらしいです。天気予報もあるので毎朝体重計る習慣つけると便利かもしれません。

やっぱりブラックモデルを選んでいました。白もかっこいいと思います。

iPhoneアプリに体重計を登録してる様子。

Webから登録すれば家族との共用も可能だそうです。あくまでも体重で区別するらしいので夫婦で似通った体重だとご認識されるでしょうね。普通はそんなことないでしょうけど。父親と成長した息子などではありえそうですね。

iOS 標準のHealthアプリがWithingsアプリからの情報をソースとして使えるので一覧性がいいです。Appleのヘルスケア分野への注力が続けばこのアプリはとんでもない情報を持つことになりそうです。うまいこと活かして欲しいところです。

体重や体脂肪率という今までは脱衣所で数字を見て終わりだったものが連続性を持ったデータとして視認できるだけでも同じ数字の持つ意味合いはかなり変わってきますけどね。

Apple Eventを観て

先日のApple Special Event、実に素晴らしかったですね。

一般的には噂通りiPhone SEと9.7 inch iPad Proが発表されただけで期待はずれという意見も聞かれますが、個人的にはフラッグシップ以外はまったく興味ないので製品発表よりも最初の30分の方が興味深かったです。

実は、冒頭部分はどうせ中国のApple Storeがどうのこうのというクソみたいな話だろうとタカをくくってAM2:15頃に起きてApple TVつけたんですよね。FBIの話でもしてる頃かなと考えてたんですけどもうそれは終わっててCareKitの発表してました。ReserchKitだけでも素晴らしい取り組みなのにさらに発展していく。現状の他施設共同研究のハードルを簡単に下げてくれるでしょう。iPhone SEの発表が始まったのでとりあえずどうでもいいかなと思ってあちこちのライブログを漁るとAppleの再生可能エネルギーへの取り組みとリサイクルプログラム、Liamさんの顔見せと超おもしろそうなものばかり。

Podcastで配信されてから慌てて自分でもそのくだりを見てみました。

石油燃やして作った電気でモーター回しながらアホみたいな環境性能のエンジン動かして急ブレーキ急発進繰り返すドライバーしか乗ってない某ハイブリッドなんかとは次元の違う話です。普通の走行距離では絶対にペイできないですからねあれは。

太陽光、水力、風力発電設備を開発してほぼ100%そのエネルギーで賄っているApple。環境への真の取り組みって多分こうゆうことなんですけど、こんな設備投資できる企業って限られてるでしょうね。医療への取り組みもそうですがいつの間にこんなに意識高い企業になったんだAppleはw

 description=

日本でもAppleの下取りプログラムが始まったので、しまってあったiPhone出してきました。

Onlineだとギフトカードでの支払いになるようですね。今から申し込んでみようと思います。

Liamかっこい〜

あ、Apple Watch値下がりしたのでプレゼントにも手頃になりましたね

MacBook時代のiPad再考

先日お伝えした通り新型MacBookを手に入れて有頂天な毎日ではありますが,その際に専門書の電子書籍アプリさえMacに対応すればもうiPad要らねーぜ!みたいな粋がったことを書いてしまったのですが,その後ちょっと反省することがあり忘れぬうちにメモしておこうと思います。

実はMacBookを買うかどうかすごく悩んでいた時にこともあろうかiPad AirをiPad Air 2に買い替えるという一見すると支離滅裂なことをしていたのですが,これが実に役に立った出来事がありました。
続きを読む

Yokohama

2/23~26の間、学会で横浜に行ってきました。
鈴木尚典を始めとするマシンガン打線で攻めたて、最後は佐々木主浩が締めくくるという権藤監督ひきいる横浜ベイスターズファンだった自分としては、大して来たこともないくせに思い入れのある街です。あれから15年も経ってるんですね。。

初めて学会に参加したこともあり、右も左もわからずでしたが全日程を通して楽しめましたし勉強になりました。何よりもうちの師匠のお陰で連夜、高名な先生方と飲みに連れて行って頂き、秘めた想いも持てるようになりました。

DSC01572.JPGDSC01577.JPG

終了後は横浜スタジアムを訪れ、写真だけ撮って横浜駅まで移動したものの限られた時間で観光するのも疲れるので断念し、さっさと新横浜に移動。お土産を買うつもりがついついビックカメラに吸い込まれ、展示されていた新型MacBook Proで遊んでしまいました。Thunderbolt、今後に期待できそうですね。個人的には金欠なので新素材になったら17inchを新しくしようかと思ってます。行きの新幹線が自由席で不快な思いをしたこともあり背伸びして700系グリーン車で快適に過ごしました。

Photo

広くて静かなグリーン車でiPhoneを充電しつつTaylor Swift聞きながらWiMAXつないだMacBookAirでdrikin.tvを見る。いい時代だなーと感慨にふけりつつ帰ってきました。

最後に。今回のお供はお約束でiPadとMacBook Air11"、そしてWiMAXルーター。困ったらFOMA回線のiPhoneテザリングで通信を確保。これでまったくもって必要十分というかiPadをAirがいい具合に補完してくれて購入当初の目論見通りの運用ができています。迷ったら買ってしまえばいい思います。

Posted from dPad on my iPad

ScanSnap S1100を仕事に導入してみた

1000000057.JPG

本邦初公開の職場のデスク。右上の方にご注目。

ScanSnap S1100をいろいろ悩んだあげく購入しました。家にはS1500があるのでScanSnap自体の性能を疑ったりはしていなかったのですが、裏表一括スキャンができないこと、自動連続スキャンができず、手で差し直さないといけないことが気がかりだったのですが、医局のMac環境としてUSBポートが2つあるMacBook Airが定位置を確保したことと、やはり紙は職場にいる間にすかさずデータ化して捨てたいということで購入しました。

1000000058.JPG

すごくコンパクト

1000000059.JPG

二週間くらい使ってみた感想としてはコストパフォーマンスは高く、職場のペーパーレス化を進めるくらいなら十分すぎます。カルテ、サマリーの保存、興味深い症例を忘れる前にEvernoteでデータ化しておけば病院が変わっても余裕ですしなによりあとでまとめるときに役に立ちます。特に今はこの職場が嫌いすぎて春が待ち遠しくて仕方ないので精が出ます。

ただしScanSnap Managerの仕様が変わっているようで、Evernoteへのアップロードはやりやすい一方、ローカル保存したいときの操作はワンクリックではなく少し煩わしくなりました。とくに原稿の向きを自動で修正する設定をオフにしているので、Evernoteにアップする前にpreviewを修正したいときなどは煩わしいです。

scansnap s1100

さっきも書いたようにあくまで片面一枚ずつのスキャンになるので大量の書類の処理には向きません。電子書籍の自炊などに死んでも使ってはいけません。ただそれは逆にスキャンする書類をためずにこまめにスキャンするクセがつくので机の上は片付くかも。。まぁそれでも上の状態ですがw
ともあれ、これが2万しないのは安い!期せずしてEvernoteの今回のアップデートでノートのstack化ができるようになったことでscansnapと組み合わせて活用しまくっており、すでに元はとった気すらしています。
新天地に向けて少しずつ環境が整ってきた感じがします。

Posted from dPad on my iPad

ATOK 2010

 

ATOK 2010を導入しました。

決め手は医療用語辞書。仕事柄、専門用語満載の文章を書くことが多く、ことえりなどのIMではこの変換がめちゃくちゃストレスフルでした。いままでIM歴としてはことえり→egbridge→ことえり→AquaSKK→google IMEと歩んできたわけで、そのシステム上医療用語が比較的充実しているgoogle IMEに落ち着きかけたのですがAndroidあたりからどうもgoogleにいい感情を持てずにいて、ついにATOKに出費する決心がついたわけです。

 まだまだ使いこなしているわけではなく、戸惑うことも多いのですが、ひとまず変換精度そのものはとても優秀なようです。むかしegbridgeを使っていた身としてはなぜかATOKの導入に及び腰だったのですが、こんなことならもっと早く導入してなれてしまえばよかったかもしれません。とはいえ、AquaSKKに医療用語辞書が追加できるようなことになればあっさりSKKに戻りそうでもありますがw

専門用語の変換という点では現状一番困っているのはiPadですね。あまりにも便利すぎてもはやMacBookAirを押しのけて出先でのちょっとした作業を任せているのですが、標準IMのあの変換精度ではとてもじゃないけど仕事にならない。ATOK for iPadとかあればいいのになぁ

 

ともかくせっかく買ったので追々細かいところまで使い込んでいきたいと思います。

 




Apps on my iPhone (May 4,2010)

連休二日目は当直明け。Torneで録画してあったTRICK2劇場版をBRAVIAで観ながらウトウトし、夕方からは栄やら名古屋市内を愛車でウロウロしてました。昨日はhideの命日ということもあり家で彼の音楽を聞きながら自分のことも含めていろんなことを考えて悶々としてたわけですが、今日はなかなかの充実度です。

やっぱり名古屋市内といえども車で移動するのが楽でいいです。荷物も外の気温も電車の時間も考えなくていいし、何より愛車の運転が楽しい 🙂

外にいようが家にいようが職場にいようが常に手にしてるのがもちろんiPhone。自分の人生をiPhone以前と以後に分けられるくらいに革命的なデバイスで、AppStoreのおかげでさらに自分の都合のイイものにできるわけですが、自由すぎてアプリの入れ替えが激しく、逆に言えばiPhoneアプリのラインナップはそのときの自分が何を重視していたかが反映されるわけで、これを記録しない手はないんじゃないかと思い、それにこのblogを利用することにしました。

   image from www.flickr.com

1ページ目は一番入れ替わりが激しく、最近昇格したのはfacebook, flickr, 2Do, MindMeister。GalleryはPhotosに代わって活躍してます。M2plusとSkyscapeとEijiroは仕事の必需品。twitterクライアントはflickrと連携できるechofon proで安定。カメラは結局純正のCameraに回帰しました。

  image from www.flickr.com

  2ページ目は素敵なアプリが並んでるけどこうしてみるとAppStoreと4sq以外は利用頻度低いかも。

 image from www.flickr.com 

ここは医学関連。もう1ページくらい増やしたいところ。2ページ目と入れかえよう。


image from www.flickr.com 

4ページ目はネットワークとユーティリティが入り乱れてる。wapediaはアンサイクロペディア専用w
image from www.flickr.com 

5ページ目は英語ゾーン。
image from www.flickr.com 

6ページ目はニュース、グルメゾーン。
image from www.flickr.com
image from www.flickr.com
image from www.flickr.com
image from www.flickr.com 

7~10はいろいろ詰め込んであってよくわからない。。たまに使うから消せないアプリもある。

だいたいこんな感じ。もうすこしスマートな画像の載せ方を極めたいところだけどflickrから画像持ってくる方法がわかったところなのでとりあえずはこのままで。何かオススメアプリあります?

明日(というかもう今日だけど)も当直。寝た方がいいかな。。
 




ここ最近のまとめ

さっきのpostでblog投稿をFacebookとtwitterでshareできてることは確認できたけどやっぱりどうにもflickrが使えそうにない。なんでなのかまったく見当がつかない。TypePadのother accountsというところでFlickrのSharingの項目がn/aになってるのが怪しい気もするけど変更できないし。。早く写真いっぱい載せたい、というか文章書くの難しいからphoto blogみたいなのにしたいのに。。

気分転換と忘備録として最近の身の回りの変化について。

まずはiPad WiFiを手に入れていじくりまわしています。これは思ってた以上にハンパない。ここまで動くかと言うくらいに滑らかに動くし、高解像度を活かしたiBooksやKindle for iPadによるebook体験は想像以上で、もうKindle DXやnookには戻れないかも。iWorkアプリも秀逸で、職場で頼まれて早朝からイヤイヤやらされた無意味な症例発表の Keynoteは全部iPadで作りました。思っていたよりストレスなく、transitionなどもガンガン組み込んで2時間ほどで作り上げたような気がします。

Mailがサーバー上のちょっと古いメールを取ってきてくれなかったり細かい不満はあるけどこれはまぎれもない革命でしょう。

Camera connection kitを買ってHX5Vで撮った写真をiPadにimportしてさらにflickrへ..みたいなことも余裕でできちゃうようになるんだろうなぁ。iPadでblogが快適に更新できるようなツールでも出てきたら大変なことになりそう。

 

もう一つ大きかったのはFileMakerPro11の導入。いままで興味は持ちながらも個人での利用にいまいち価値を見いだせずにいたんですが、仕事を初めてある程度経過したところで、サマリー、診療情報提供書、レポート、ERの症例で個人的に興味深いもののストック、参考文献など含めて、異常に書かなければいけない書類が多すぎることに気づきました。さらにはしょせん紙なのですぐにScanSnapしてEvernoteに上げておかない限りすぐに山のようになって整理する気さえなくなるわけですよ。Evernoteにupするのも考えもので、ある程度の量になるとあれは管理する機能に関しては弱いということがわかってきます。

そこでなんとかあの紙の山を効率的に一元管理して、あわよくば書類作成も同時に行えるようなsolutionはないものかと考え、思いついたのがFileMakerProです。そういえば学生の時に実習先の開業医さんが使っているのをみたんですが、いま考えても大した使い方はしてなくて気にしてなかったんですが、コイツはすごいかもしれない。まだまだ手探りの段階で高度なことはわからないんですが、これ極めたらなんでもできる気がする。。いまの病院の劣悪なオーダリングシステムくらいなら少し腕に覚えのある人ならすぐに作れそう。しかも低コストで。病院のオーダリングPCに各書類のテンプレート作って置いてあるけど、違う病院行ったらゼロから作るハメになるし、病院のPCではなく自分のMacで仕事が出来るメリットは精神的なものだけでも計り知れないです。もう少し勉強してさらなる効率UPをめざしたいところです。

 

はー。関係ないけどGWってしょーもないですね。2回も当直あるし何もいいことないっす。開き直って家にこもってFileMakerやらTypePadやら前から気になってたのを手をつけ始めたおかげでかろうじて有意義なものになればいいですけど。