カテゴリー別アーカイブ: dropbox

iPad Pro生活にClip Bagが便利だった

 description=
アイオーデータが販売しているClip Bag 16GBを買ってみたら外でどうしてもMacBookが必要な場面がまた1つ減ったというお話です。

ClipBagは見た目そのままでUSBメモリーなのですが、USB3.0端子の反対側にLightning端子が付いていて、ClipBagを介してiPhoneやiPadとPCとのデータ交換が可能になる製品です。

そんなもんAirDropとまでいかなくてもdropboxやOneDriveでいいじゃないか、とまさにその通りだと思うのですが、それがあたりまえな職場ならともかく、超前時代的な職場ですとUSBメモリーというのはいまだに主力なのです。彼らはUSB, USBと呼ぶのが気になりますけども。

そうなると最近モバイル環境をMacBookからiPad Proに完全に移行しつつある自分としては余計に困るわけで渋々これを買ったわけです。
 description=

このデザインなかなか気が利いていて、lightening端子の根元が細くなっているので一部のものを除けばカバーをつけたiPhoneでも取り付けに困らないようになっています。
 description=

初回にiOSデバイスに挿入すると公式アプリをインストールするよう促されます。素直にインストールすると上のスクリーンショットのようなアプリが開きます。ClipBagとiPad本体もしくはdropboxとの間でデータのやり取りが簡単にできます。この辺りはUSB3.0ということもありスピードは問題ありません。片方の端子の使用中はそのキャップを他方のキャップに重ねて付けておけるので紛失はしづらいと思います。こうゆうとこも意外と細かいです。

また1つガジェットが増えてしまいましたが職場でのファイルのやりとりのストレスが確実になくなりました。

Bitcasa終了と今後のバックアッププラン

昔ブログで言及したことがあったかなかったか忘れましたがbitcasaという容量無制限のクラウドストレージという夢の様なサービスがありました。
そして終了しました。
Bitcasaが容量無制限プランを取り下げ、収益化のためB2Bに進出
techcrunchによると、需要が少ないことを理由として、無制限プランを終了するということです。
実際には無制限だったのは最初だけで、すでに普通のオンラインストレージに成り下がってはいたのですが、初期ユーザーは継続して当初の値段で無制限ストレージが利用可能でした。それがついに今回、終了したということです。
需要が少ないと言われても、そもそも無制限以外にbitcasa選ぶ理由なんてなかったわけで、自社の存在価値自体を自分で否定しているような気がするんですけどねぇ。おまけに大容量食ってるユーザーは規約の濫用者だとまで言っていてなんとも信用のかけらもないような話ではあります。

そんなわけで、もうbitcasaに用はないので先日アカウントを削除しました。
bitcasaをアンインストールするためだけに久しぶりにSurface Pro 3を起動したりもしました。
bitcasaがないと困るかというとそういうわけでもなく、無制限に何も気にせず置いておける最後のバックアップという保険でしかなかったので別にいいんですがストレージというものを考えなおす機会にはなりました。 続きを読む