カテゴリー別アーカイブ: ANKER

ANKER PowerCore+ 20100 USB-Cモバイルバッテリー

また買ってしまいました。ANKERの大容量バッテリー。今回は20100mAh,そしてUSB-C対応です。

スリムでマットな仕上げです。micro USBとUSB-Cケーブルとポーチが付属します。micro USBっていい加減消滅してもらえませんかね。

既に持っていた25600mAhのバッテリーと比較します。細く長くなったようです。この辺は好みですね。

厚みは微妙に増えてます。容量が20%くらい違うこと考えるとたいして小型化はされてないですね。両方持って歩くと結構な重みw

どんなシチュエーションでこんな大容量なの2つも持って歩くんだという話なのですが,来月ほぼ1週間缶詰で講義を受けないといけない予定があって暇つぶしにバッテリー必須なんです。2つ合わせればiPhone 6s plusなら25回くらい充電できるはずなのでよっぽど大丈夫かと。

ANKER SoundBuds Sportレビュー


最近オーディオに力を入れ始めたAnkerのBT4.0イヤホンです。今回はモニターとして製品をいただきましたのでレビューします。

ANKERとしてはBTスピーカーに続きオーディオ製品第3弾だそうです。Amazonでは即日完売でした。

イヤホン本体,USBケーブル,イヤーチップ,イヤーフックのサイズ違いがセットされています。

 

IPX4対応で名前の通りスポーツ中の汗に強いです。軽くてとてもコンパクトです。さらに左右のヘッドどうしがマグネットでくっついてバッグのポケットでも場所をとりません。

イヤーピースのつけ心地は快適で固定もしっかりしています。イヤーフック型よりも耳が痛くなりにくくサングラスと併用もしやすいのでこちらの方が好きです。

音質はあまりうるさく言うほどいい耳してませんが,ジムで動きながら聴くのにはこれでいいです。値段が10倍のbeatsのPower Beats 2も持っていますがさすがに音質は値段が10倍のbeatsに軍パイが上がります。beatsも同じくIPX4防水です。

beatsは耳にかけるタイプなので多少かさばります。通話機能に関して言えばむしろANKERの方が優れていてマイクの拾いがよく口とマイクの位置関係を気にするストレスはありません。Beatsのマイクはリモコン部分にあるのですが,左耳というより首の後ろ近くまで遠ざかってしまうので手を添えないと声を拾ってくれないことがあります。

SoundBudsは連続再生8時間,Powerbeats2 wirelessは6時間。どちらもiOS9の機能でバッテリー残量もわかるので残量は視覚的に把握できます。

正直言って一番驚いたのはこの値段です。ANKERはそもそもコスパのいいメーカーですが、2000円でここまで作り込めるんですね。

どうにも最近またガジェット熱が出てきて引っ越しシリーズとしてリビングダイニングに料理中のお供としてBTスピーカーを買おうか真剣に悩み始めました。

引っ越しシリーズ3 ANKER アームバンド

引っ越しシリーズというか番外編に近いですが,リビングのTV前がかなり広くなり,Apple TVアプリを使って,TV前でヨガや筋トレが出来るようになりました。

そのうちのアプリのひとつがApple TV romoteをアームバンドで腕に巻けと言ってきたので初めてその手の商品を買ってみました。

ランニングはしないのでそれほどこだわりはないのですが,AnkerのiPhone 6s Plus対応のものにしました。マジックテープがかなりの広範囲に配置されているので腕の太さはかなりの範囲でカバーできそうです。

引っ越しシリーズ2 ANKER編

引っ越しに伴い、電源周りの整理も進めております。こうゆうときにやらないとグチャグチャのままになっちゃうので。
 description=

BlueloungeのCableBoxというのを買ってまずは電源タップを隠します。これだけでもかなりスッキリ。
 description=

ここからはANKER製品を買いまくっているだけです。やはり電源周りは信頼できるブランドしか買えませんからね。
 description=

ANKER PowerPort 10 (60W)、PowerIQ, VoltageBoost対応製品です。

とりあえずこれ1個買っておけばリビングでのiOSデバイスの充電やモバイルルーターの充電も困らないでしょう。

今まで使っていた5ポートのものは書斎のデスクに移動しました。
 description=

家族のiPhoneやiPadも充電できるようにLightningケーブルも増やしました。ソファで複数人が充電するには純正のものは短いので1.8mのものをひとまず2本購入。
 description=
 description=
 description=

ケブラー繊維を使って防弾仕様と、どう弾を防げばいいのかよくわからないのですがそれくらい頑丈ということですね。確かにかなりコシがあって折り曲げ耐性は強そうです。1歳の下の子供が強引にLightning刺して充電しようとするので純正ケーブルだと心許ないのですがこれなら大丈夫そうです。
 description=

THULEのバックパックには常にこれが入っていて新幹線移動時間も無駄にせずいろいろ充電し続けることができます。

ブログで振り返る2015年

2015年もやっと終わり。

ざっと数えたところ、今年の当ブログはなんと1ヶ月あたり1エントリーの低すぎる目標を軽く超える73エントリーでした。6倍です。これでも書くのが追いつかないことや書けないこともいっぱいあるのですが、多分過去最多だと思います。皆様のおかげですと言うほど誰も読んでないので特に言うことないんですが…こうやって振り返るときに初めて書いててよかったなと思います。来年も目標を高くすることなく月1エントリーを目標に書こうと思います。

今年はいろいろ捨てた1年でした。要らない本はもちろんのこと、削れる契約も中途半端な趣味も。ブログに書けないことの方が多いですが、何年間も我慢してきたこともただ惰性で続けてきたことも損切りするかのごとく整理しました。人生のストップロス逆指値注文みたいなものです。一方で想定外の再会をした人との会話の中でまったく違った将来像が見えた年でもありました。

それではざっくりとブログエントリーを抜き出して振り返ってみたいと思います。

2014年の振り返り記事はこちら

続きを読む

ANKER PowerCore miniをもらった

ANKERのキャンペーンギフトとしてPowerCore miniをいただきました。

 description=

まさに先ほど届いたばかりでギリギリの2015年。狙ったタイミングかもしれません。
 description=

ANKER Power Core mini +をもらったばかりですが、今回はプラスなしのPowerCoreです。
 description=

ブラックボディはやはりいいですねぇ。

ここ数年でバッテリーやケーブルは完全にANKERに統一しています。一つのブランドに統一すると見た目も統一感があっていいですしそれだけ信頼できるブランドができたということです。今年は適当な中華バッテリーとか買ってた友人を数人救出しました。

このバッテリーは奥さんにあげようかと思います。さすがに自分はバッテリー持ちすぎなのでw

携帯ポーチ付きでポケットサイズなので女性にもいいですね。

デジカメゼロ生活になりました

IMG_7584

一時期はここまで増えていた我がカメラたち。2014年9月の頃です。背景のDashboardが眩しいです。

Canon PowerShot S120を購入 -Beauty and Insanity 

左下に写っているCanon S120を買ったのがブログによるとiPhone 5Sの頃。2人目が生まれて大きなカメラを両手で構えて風景や子供を撮ることが難しくなる反面、iPhoneのインスタント性に画質が追いつき始めたことからカメラの処分を進めていくことになります。
 description=
iPhone 6 plusと回線整理とSurfaceとカメラ整理 -Beauty and Insanity
iPhone6 plusでさらにビデオ含めた画質に何の不満もなくなり迷いなくカメラを売却していきます。
カメラ処分終了、シンプルに。 -Beauty and Insanity
3週間後にはSONY RX10とSIGMA DP1 Merrillを売却、 RX1とQX100, GoPro HERO3とs120が残ります。
さらにカメラ淘汰した話 -Beauty and Insanity

さらにここでS120以外が全て処分されるという歴史でした。カメラが増えたのも早かったが減ったのも早かったというまさに自分の性格通りの歴史です。

ダイジェストムービー作成機能というただ一つの理由でサバイバルしてきたS120でしたが、次男も1歳を迎え目が離せなくなってきた10月のハワイで転機を迎えます。

なんと滞在中にS120で撮影した写真は1枚のみ。残る300枚程度は4K動画撮影まで搭載されたiPhone 6s plusで撮っていました。Live Photosもすばらしいし。ここでS120不要論が持ち上がります。

いや、でも国内のちょっとした旅行の時にダイジェストムービー作ってあとから家族で見ると微笑ましいし、、と自分に言い聞かせながら今月のUSJ旅行まで結論は先延ばし。てゆうか、ぶっちゃけUSJ行く時S120持っていくの忘れたんですがw、ちょうどその直前にKDDIさんがやってくれたんですよね。

RealTimes for au
正直Real Networksとか忘れかけた名前聞いてもあまり期待してなかったんですが、ブログに書いた通り、これはすばらしかった。ほぼ全自動ですが、プラスムービーオートと違って、やりたければ一手間かけて写真や動画の取捨選択できるしなんといってもiPhone単独で全てが完結する。アルバム単位でイベントをまとめて眺めるのとはまた違うよさがダイジェストムービーにはあるんですよね。

S120自体もう2年になるし、とうことでこれも売却。10000円ちょいにはなったので投資の回収率としてはなかなかのものです。綺麗に使うって大事ですね。

ともあれ、15ヶ月ほどでiPhone以外のカメラゼロまできました。実にスッキリしました。中途半端はよくないですからね。

思えば、僕の場合、必ず毎年最新型に買い換えるiPhoneというカメラがあるのです。他にカメラが必要な訳がないんです。

必要なものは機械的に買う。不要なものは機械的に売る。投資の利益確定と損切りに通じるものがあって、機械的に、というのがポイントですね。

MacBookもある意味ではそうなのですが、外出時にあるデバイス専用の充電器を持ち歩かず全てANKERのモバイルバッテリーもしくはUSB Power Portだけで完結する状態になったことがかなり嬉しいです。

Anker Power Core + mini

 description=

ANKERマーケティング様からPowerCore+ miniシルバーのモニターをいただきました。

3350mAhのPanasonic性バッテリーを搭載しているので2750mAhのiPhone 6s Plusを余裕で1回充電できることになります。
びっくりしたのはその箱の小ささ。いままではそれ一つで全てなんとかなるレベルの大容量にこだわってきたのでAnker Astoro E7を使っていたのでこんなに小さいのは初めてですw

 description=
しかしご覧のようにかなりしっかりとした金属パッケージで持つとひんやり。高級感があります。
 description=
携帯用のポーチとUSBケーブルが付属します。

が、AnkerのナイロンUSBケーブルが大好きなのでそれで充電してます。ちなみにこれも1本モニターで頂きました。自前のものと合わせて2本あります。さらにAnker PowerPort 5USBチャージャーから充電しているのですっかり周辺機器はAnkerばかりになってます。
 description=
LEDは充電完了すると緑になります。

iPad Proのバッテリーは7340mAhらしいのでさすがに厳しいですがそんなときはAstoro E7をこれまで通りつかえばいいのです。
E7の万能性は神なのですが、先日USJに行ったときにもうちょっと軽いのも欲しいな、と正直思ってしまったんですよね。歳ですかね。体鍛えればいい話なのですが、ポケットに入ってiPhone 6s Plusを丸々1回充電できる安心感はちょっとした外出時にとても重宝しますね。

THULE Crossover 32L BackPackに買い換えた


もう3年くらい愛用してきたIncaseのバックパックからTHULEのCrossover 32L BackPackに買い換えました。

@nobu417さんと@drikinさんと秋葉原で買い物してSIGMA DP1M衝動買いした後でご飯食べながら薦められてポチったIncase,とても満足して3年くらい使い続けてきましたが,ハードに使いすぎたのか,肩当のところからボロボロになってきてしまいました。

さすがに元は取っただろうという判断で買い替え候補を探し迷った挙句にTHULEを選択しました。
着替えだけ追加すればいつでも国内なら旅行に行けるくらいに全てを常に持ち歩いていたい自分としてはやっぱり大容量で両手が空くバックパックスタイルが基本です。 続きを読む