月別アーカイブ: 2010年12月

no SIM ~解決編とオマケ~

iPhoneが一昨日復活しました。
といっても本当の意味での復活ではなく、新しいものになっただけです。
前回のエントリーでも書いたとおり、なんとか復活を試みたのですがうまくいかず、即座に新しいものをオーダーしました。
以前と違い、今回はexpansysを利用しました。eBayなどで個人的に輸入していたときと比べると日本法人ができて輸入しやすくなりました。
年末ということもあり、ヘタをすると年を越してしまうので催促してなんとオーダーの4日後に日本到着というありがたさ!アダプタをつけてNexus Oneにさしていたmicro SIMを意気揚々と新しいiPhoneに挿入しました。

DSC01281.JPG

しかし!
なんとno SIMと表示されるじゃないですか!絶望の淵に立たされながら再起動など試してみてもダメ。Nexus Oneではしっかり動作していたのにまさかSIMが損傷してた?
届いたばかりの本体が異常とは考えにくく、もうやることは一つしかありません。
気づいたときにはドコモショップで新しいSIMを手に入れてました。
DSC01282.JPG
さすがに2回目ともなると度胸もついて自分でも驚くほどの速さでニッパーとハサミを使ってSIMをカット。ためらいなどありません。
DSC01372.JPG
DSC01373.JPG
SIMについてる赤いボールペンのあとは先代の自作micro SIMで型をとった跡なのですが、こうやって見てみると同じ白FOMA SIMでもFOMAとプリントされている位置は多少の個体差があるようです。完成後の金属面を比べてみるとあまりかわらないのに表面はこれだけずれているわけですね。大事なのは端子の位置なのでこれからSIMを切るみなさんはプリント面で位置合わせをしようなんて考えないようにしましょう。

 

そんなわけで年の瀬の大災難をなんとか切り抜け、再びiPhone生活に復帰しました。少しの間だけやむを得ずN1のお世話になっていたのですが、そのストレスたるやハンパなく、タイプすら面倒でtwitterすらパッタリと更新がとまりました。どうしてもというときのみiPadでいろいろやってました。大事なものはなくして初めて気づくと言いますが、改めてiPhoneが生活を支えてるというのを感じました。高い授業料でしたが、くれぐれももう落とさないようにします。
ちなみにSIMを認識しなくなったiPhone4はiPod touchとして第二の人生を歩んでもらおうと思っています。

P.S.
時を同じくして彼女がiPhoneデビューを死ぬほど切望したのでdocomo iPhone4を作ってあげることにしました。至って普通の人なのでSIMってなんですか?なんて聞いちゃうのも当然で、俺が全部やったわけですが、大問題だったのはFOMAカードが緑色の大日本印刷製という点。(ちなみに俺のはアクサルトの白)
なんか昔2ちゃんか何かで緑は失敗率高いとか読んだ気がするし、そもそも同じ白でもあんなにずれてるのに大丈夫かな、という感じでしたが勝算はありました。
きたーー
それがこの上に写ってるSIMカッター。一台目の時に買ったのですが、白SIMでは端子の位置が合わず一度も使ったことはなかったのですが、どなたかのブログで緑SIMをこれで切ってSIM free iPhoneに認識させてた記憶があったのです。
というわけで、、、
DSC01367.JPG
向きを合わせて

DSC01368.JPG
一気にパンチ!

DSC01369.JPG
角を少し整形

DSC01370.JPG
前後はこんな感じ
結果は大成功!緑の方が簡単かもしれません。一つ注意はi-mode解約してmoperaにする前にmy docomoのIDだけは作っておきましょう。契約変更のときなど利用機会は多いのですが、これをつくるのにi-modeメールを受信しないといけないというクソ仕様なので気をつけましょう

 

DSC01365.JPG
というわけで我が家のiPhone4たち大集合です。いい眺めですねw
半年の間にSIMを3枚も切ったのは業者以外では俺くらいなんじゃないかとw

Posted from dPad on my iPad

no SIM

iPhone4を昨夜落としてしまい、その直後からSIMを認識しなくなりました。
3GSの頃にも落とした直後にno SIMと表示されることはあってもすぐに元に戻っていたので余裕こいてたのですが、家に帰ってSIM差し直してもうんともすんとも言わず真っ青。。

ショックすぎてブログ用に写真撮る気にもならず、ひとまずSIMアダプタで通常のSIMサイズに戻し、数ヶ月ぶりにnexus oneを起動して電話回線は確保しました。次に国内版のiPhone 3GSをSIMロック解除してやろうと考えたのですが、iOS4.2になってる時点でアウトっぽいorz

途方にくれて今日の夕方、大須にあるiLab factoryに頼ってみたのですが、復活せず。すごく親切にしてくださったのですが、残念すぎます。横浜のiPhone factoryに送ってみてもらおうとも思ったのですが、なんかもうテンションが上がらず、放心状態で新しいSIM free iPhone4を注文しました。出費はもちろん痛いのですが、なによりもiPhoneが使えないというのは途方もないストレスで、androidではUI雑すぎてtwitterやる気にもならず、手持ち無沙汰でイライラして体に悪いですね。仕事用のアプリも多く入っているので年内に届いてくれないと本気で困ります。

どなたか同じような状況になったことのある方見えたら情報提供お願いします

Posted from dPad on my iPad

iPhone 4 metal bumper

 iPhoneは代々はだかで使ってきたのですが、iPhone4に関してはアンテナゲートはともかくとして金属部分が剥きだしでもろに傷つきそうなのと両面ガラスなので割れるリスクも2倍ということで純正Bumperを使ってきました。

特にSIM freeを輸入しているので壊れるとやっかいですし。

 

ただ、やはり金属の美しさには勝てず、どこかiPhoneが安っぽく見えてしまっているような気もしていました。そんなときに見つけてしまったのがBLADE。

なんとジェラルミン製で、写真で見る限り純正なんじゃないかと疑うような質感。。

というわけで届いたのが下の写真。

1000000078.JPG
1000000080.JPG
1000000084.JPG
DSC01135.JPG

MacBook Proのunibodyのような美しさ!たまらん!と興奮して装着してみたのが上の写真。

ゴツイ。。ってかでかすぎだろ。あと思ったのが、シルバーが写真よりもギラギラしてて見ようによってはヤン車のアルミホイルみたいなダサいホイールみたい。

で、そんなこと吹っ飛ぶほどの大問題がこちら。
1000000089.JPG
BLADE装着前はバリバリ電波来てた室内での状態なんですが、思い切り電波拾えなくなってる。。wifiまでも。実際この直後にNo Serviceと表示され、まったく復帰しないもんだからSIMおかしくなったんじゃないかと焦り倒し、BLADE外してSIM抜き差しする事態にまで陥りましたが、あちこちの場所で試してみるとやはり原因はBLADEしかないという結論に至りました。当初誰が使うんだと思ってたSIM交換用の開口部にいきなり2度もお世話になるとは。。これソフトバンクだったら完全iPod touch化してたでしょうね。公式サイトには電波干渉しないって書いてあるんですが僕の環境に関して言えばはっきり言ってウソです。

ここまで来るともう止められないのでBLADEはあきらめ、VAPORという金属ケースを買いました。
こっちはBLADEの反省を活かしグラファイトを注文。それでももう少し暗くてもよかったかな。質感はBLADEほどではないですがまぁまずまず。
なんで左右対称じゃないのかだけはかなり気になる。。

DSC01137.JPG
肝心の電波はBLADEほどじゃないですがやはり少し干渉するようです。金属製ケースでは避けられない宿命なんでしょう

最後に不幸にも両方買ってしまったケースの比較写真を適当に載せておきます。
iPhone5こそはハダカに戻そうと強く誓った二週間でした。

DSC01145.JPG
DSC01146.JPG
DSC01147.JPG
DSC01149.JPG
DSC01150.JPG
DSC01151.JPG

Posted from dPad on my iPad

Facebook fanpage

ずいぶん前にこのブログのfacebook fanpageを作ったのですが、ブログの更新がfanpageに通知されずただの箱になってました。facebookのhelp通りにやると全文が載っちゃうしどうしたもんだろうと悩み、放置していたのですが昨日調べ直してみるとweb探検隊さんのこちらのブログに行き当たりました。これに従いRSS graffitiというアプリを使ってみると確かにうまくいったのですが、若干更新にタイムラグがあるようだったので、さらに調べてみたところ、twitterfeedというサービス、もしくはNetworkedBlogというアプリを使うといいようだということがわかったので今回はNetworkedBlogに自分のブログを登録してみました。手順は指示に従って進めるだけで5分ほどで終わりました。

fanpageを見てもらえればわかりますがしっかりと更新が反映されています。これでちゃんと更新すれば盛り上がってくれるかなーと。なにごとも少しずつですね

独自ドメインに移行しました

当ブログを独自ドメイン、toshixvuk.netに移行しました。
新しいURLはblog.toshixvuk.netです。
独自ドメインにはずっと興味があったのですが面倒だったのといままでblog自体あまり長続きしなかったのもあり、忘れていました。しかし、先日のdrikinさんのblogに触発されソッコーvalue domainでドメインを確保し、typepadでマッピングしました。

その際にネットで情報を集めようとしたのですが、TypePad.jpの設定はいっぱい見つかるんですが、本家typepad.comについては見つからなかったので公式helpを参考に手順をメモしときます。

今回はtoshixvuk.netドメインで、blog.toshixvuk.netにtoshixvuk.typepad.comをマッピングするので、value domainにログインし、メニュー>DNSレコード/URL転送の変更へ。
value-domain
のように設定フィールドに"cname blog TypePad.com."と書き込みます。最後のピリオドがミソ。
しばらく待つ。最大48時間らしいですが今回の場合は一瞬で馴染んだようでしたので次のステップへ。
(ちなみにhttp://www.kloth.net/でチェックできます。)

TypePadのAccountからDomain Mappingで以下のように。
TypePad domain mapping1

DNSがupdateできたのを確認したらactivateするとこんな感じになります。
TypePad Domain Mapping2

以上、なんかうまくいきました 🙂

やってしまえば意外と簡単で安いのでこんなことならTypePadでブログ立ち上げ直したときにやっときゃよかったと後悔してます。これで気合い入って更新頻度上がるといいですね

Posted from dPad on my iPad

VOIP

学生時代からずっと興味をもって追いかけているのがVOIP。

VOIPといえばskypeですがつい先日new faceがApp Storeに生まれました。

Viberです。ぶっちゃけ怪しい名前のこのアプリ、3G/wifi両方でViberどうしの音声通話が無料でできます。それならSkypeと同じじゃないかと思われますが、秀逸なのが登録にIDを必要とせず、iPhoneの電話番号を登録するだけで利用でき、さらにiPhoneのContactsと双方向にsyncされる電話帳を内蔵しており、さらにその中でViberを使っている番号を検出して教えてくれます。Skypeみたいに相手がskypeユーザーなのか確認してusernameを聞き出してcontact listに登録する、というステップがいらないわけです。

友人にViber利用を強要して実験してみたのですが、wifi-wifi条件下ではめちゃくちゃclearな音質で、スピーカーモードになってるんじゃないかと勘違いしたほど声がはっきり聞こえます。

完全にSkypeを置換しうるものではまだまだないですが、将来性はかなり大きいんじゃないかと期待してしまうサービスです。

 

ただし問題もあります。

友人に部屋の外へ移動してもらい3G環境に移行してもらったのですが、声が聞こえにくくなったと思ったら切断されてしまいました。ハンドオーバーはできないみたいです。

さらに他の方のレビューをみていると3G環境でも多少の遅延はあれど使えるらしいんですが、昨日試したところ呼び出し音は鳴るものの通話できませんでした。なんでだろう。。

そしてネットでも大問題となっていたSMSによるactivation codeが届かないという問題(とくにdocomoからMNPした人)にはもろにハマりました。といっても俺の場合はMNPではなく、SIM free iPhone4にdocomo SIMをさして利用しているのですがまったくSMSが来ない。twitterではdocomo SIMでSMS来てる人がいらっしゃるのに俺だけ来ない。docomoどうしで送受信できることを確認し、ViberにSMS送ろうと試みるも送信できず。やけになりソフトバンクの友人にSMSを試したところ案の定送信できず。。。

整理してみると、実際にdocomo SIMで海外(Viberの場合はイギリスの事業者)からSMSを受信できている人がいる一方、自分のdocomo SIMでは海外どころかソフトバンクともSMSできないという謎の状態になっていることがわかりました。どこかに設定の問題があるのでしょうか。WhatsAppのときはSMS届いてactivationできたのですが違いがわかりません。

最終的にはheywireでアメリカの番号を取得してそれでactivationしました。俺のdocomo番号知っててなおかつiPhoneにViber入れるような人はほとんどいないと思われるので実用上困ることはありません。でも自分だけできないの気持ち悪いなぁ。。

Skypeが登場してVOIPの代表と扱われてずいぶん経ちます。jajah, truphone, voxox, Gizmoなどなどライバルと言われるサービスが次々に出ては消えたり買収されたりしてきましたが、自分のなかでSkypeは別格でした。MacユーザーなのでiChatという例外はありますが。

ただし、そうゆう技術って知ってる人には当然でも実は一般的には浸透していないのが現状です。実際、大学時代も今も99%の人がネット環境にいようがいまいが金を払って普通の電話をかけてきます。かけてくるのはいいですが、相手がskypeとか知らなかったりするとこっちも普通に電話せざるを得ないのでイラッとしますw たまに長くなることもあるし。いまどきSkypeを"禁断のアプリ"とかほざく大手業者もいるくらいでギャグにもなりません。そんななかでViberのように登録が簡単でiPhoneに密着させたサービスがVOIPの普及に新しい風を吹き込んでくれるかもしれないと思って期待しています。

P.S.地味に大物になりそうなのがfacetimeだったりして、Mac versionも出たし微妙にiChatと被ってたりいろんな意味で気になる。。オペレーター無視して3Gでもできるようになると強いかもなぁ。

Posted from dPad on my iPad

ScanSnap S1100を仕事に導入してみた

1000000057.JPG

本邦初公開の職場のデスク。右上の方にご注目。

ScanSnap S1100をいろいろ悩んだあげく購入しました。家にはS1500があるのでScanSnap自体の性能を疑ったりはしていなかったのですが、裏表一括スキャンができないこと、自動連続スキャンができず、手で差し直さないといけないことが気がかりだったのですが、医局のMac環境としてUSBポートが2つあるMacBook Airが定位置を確保したことと、やはり紙は職場にいる間にすかさずデータ化して捨てたいということで購入しました。

1000000058.JPG

すごくコンパクト

1000000059.JPG

二週間くらい使ってみた感想としてはコストパフォーマンスは高く、職場のペーパーレス化を進めるくらいなら十分すぎます。カルテ、サマリーの保存、興味深い症例を忘れる前にEvernoteでデータ化しておけば病院が変わっても余裕ですしなによりあとでまとめるときに役に立ちます。特に今はこの職場が嫌いすぎて春が待ち遠しくて仕方ないので精が出ます。

ただしScanSnap Managerの仕様が変わっているようで、Evernoteへのアップロードはやりやすい一方、ローカル保存したいときの操作はワンクリックではなく少し煩わしくなりました。とくに原稿の向きを自動で修正する設定をオフにしているので、Evernoteにアップする前にpreviewを修正したいときなどは煩わしいです。

scansnap s1100

さっきも書いたようにあくまで片面一枚ずつのスキャンになるので大量の書類の処理には向きません。電子書籍の自炊などに死んでも使ってはいけません。ただそれは逆にスキャンする書類をためずにこまめにスキャンするクセがつくので机の上は片付くかも。。まぁそれでも上の状態ですがw
ともあれ、これが2万しないのは安い!期せずしてEvernoteの今回のアップデートでノートのstack化ができるようになったことでscansnapと組み合わせて活用しまくっており、すでに元はとった気すらしています。
新天地に向けて少しずつ環境が整ってきた感じがします。

Posted from dPad on my iPad