月別アーカイブ: 2011年5月

ZangZing βレビュー

https://www.zangzing.com/signin
少し前に書いた写真のグループ共有サービス、Group Photo Sharing – ZangZingから今月初めくらいにβテストのお誘いがきてました。今は普通にアカウント作れるみたいなので紹介してみます。
簡単にいうと、flickrなどのオンラインアルバムやMacの写真からZangZing上にアルバムを作り、そのアルバムに友人たちからそれぞれが持っている写真を同様に追加してもらい、アルバムを共有する、というもの。Skypeでわざわざ送りあったり、フラッシュメモリーを交互に挿してコピーし合うようなことから開放されるわけです。Dropbox共有という手もありますが、フリーアカウントの人だとあっという間に容量を超えてしまいます。
さらに素晴らしいのが、友人がZangZingのアカウントを作る必要がないことです。ネット上にアカウントを作ること自体にアレルギーがある人って未だに周りにいますので、これは一気に心理的な壁を超えれそうです。
ZangZing - Group Photo Sharing
新しいアルバムを作るにはまず上のように提携している写真共有サイトを選択します。その中からさらにflickrなら特定のsetを選びます。すると写真が読み込まれるので適宜足したり削ったり編集。アルバムの名前を決めます。
ZangZing - Group Photo Sharing
プライバシー編集場面。Public, passwordはそのままの意味ですが、真ん中のHiddenはそのアルバム固有のアドレスを知っている人だけがアクセス可能な設定になります。一番使いそうですね。
ZangZing - Group Photo Sharing
あとで追加もできますが、ここであらかじめ共有相手を選択することができます。
ZangZing - Group Photo Sharing
これでアルバムは完成。ここで最後にFacebookやtwitterにポストして知らせるか、メールで直接伝えるかを選べます。この時点で誰にも教えず、あとで変更も可能です。
Safari
実はβ版だけあってボタンを押してもまだ機能せずunder contraction と表示されてしまうこともあります。その一つが写真のオリジナルファイルをダウンロードする機能で、クリックすると上のようにアラートが出ます。この機能は必須なので早くして欲しいところ。

こんな感じでまだまだ荒削り、使いづらいところもありますが、UI自体は迷わないよういできていてスッキリした印象です。なんといってもFlash不要です。今後に期待したくなるサイトだと思います。

Posted from dPad on my iPad2

Eye-fi mobile X2

IMG_0049.JPG
最近デジカメの事しか書いてませんが、Eye-fi mobile X2が届いたので簡単にレビューします。
PowerShot SX230HS – Beauty and Insanityで書いたようにcanonのPowerShot SX230HSを買ってEye-fi Pro X2をいれて使っていたので Cybershot HX5Vが使えない状態だったのですが、それでは勿体ないのでHX5VのためにEye-fi mobile X2を予約していたのです。そうです。出費の悪循環です。
IMG_0051.JPG
パッケージングは多分Pro X2と同じ。
設定としてはこの前悩んだ挙句決めた通りにダイレクトモードoff、写真やムービーの転送先は常時起動のMac miniのdropboxに変更し、どこからでもアクセス可能に。web upload先にはflickrとYouTube。家のネットとWiMAXのhotspot、iPhone4のpersonal hotspotを登録。
Pro X2との大きな違いはGPSとRAWに関する機能がomitされていること。有料でアップグレード可能みたいだけど、GPSつきのカメラだし問題ない。
Photo
さぁこれでお気に入りデジカメ2台という幸せな環境になりましたが一人で出かけるときにどう使い分けるかは謎ですね。iPad, iPhone, WiMAX, デジカメ, MacBook Air、それぞれの電源、ケーブル。いつの時代になったら持ち物は減るんでしょうね。時代のせいじゃない気もしますが。

Posted from dPad on my iPad2

PowerShot SX230HS

次世代デジカメ決定! – Beauty and Infinityでも書いたとおり、Canon PowerShot SX230HSが昨日到着しました!簡単にレビュー。
DSC01828.JPG
DSC01833.JPG
DSC01831.JPG
とてもかっこいいです。PawerBookG3ほどではないにしろ曲線をうまく生かしたデザインはめちゃ好みです。マットな黒光り加減も秀逸!
DSC01834.JPG
GPS受信部をあえて目立たせてその上にGPSって書いちゃうお茶目さもいいですね。
DSC01835.JPG
DSC01838.JPG
DSC01830.JPG
GPSロガー機能でバッテリーを大量消費することを見越して1100mAの予備バッテリーを2つ同時購入。ロワジャパンってどこのメーカーですか。

せっかくなのでHX5Vと並んでもらいました。
Photo
Photo
Photo
パッと見て気づくのが上面のマイクの位置。HX5Vでは左上にあるせいでビデオ撮影のときに指が触ってしまって結構厳しいのですがSX230HSでは真ん中にあるおかげでそれは解決されてます。ただし写真にはないのですが、SX230HSの左上にはストロボが飛び出してくるので持ちにくさは変わらず。なんでこんなリトラクタブルヘッドライトみたいな機構を採用したんだろう。

そしてカメラ選びのときにHX9VはHX5Vよりデカイからヤダって理由が一つあってSX230HSにしたんですが写真見ればわかりますがSX230HSもHX5Vよりデカイww これには大爆笑泣きそうになりました。ただまぁ持ってみるとなぜかHX5Vの方がデカイ気がするのはやはりSX230HSのほうが手になじむデザインなんでしょう。
もう一つビックリしたどころではなく腰を抜かしたのがこないだから強調しまくって褒めちぎっていたGPSロガー機能。設定画面でどうしてもONにできないなぁと悩み、マニュアルを見てみると、衝撃の事実が!!!

“Eye-Fiカードを入れているときはGPSログファイルは保存できません”

いやいやいや。サイトに書いといてよ。。これじゃHX5Vと変わらんわけですがそのためにEye-Fi外すことの方がありえないので諦めました。よく考えたらどうでもいいし。
ただしそんなことをわざわざマニュアルに書くくらいなのでEye-Fiには公式対応していて、Eye-Fiに写真や動画が転送されているかどうかなどステータスが液晶で確認できます。

まだまだバッテリーを慣らしてるところで3つもあるので時間かかって本格的に使えていないのですが全体的には満足してます(ネガティブなことばっかり書いちゃったけど)。Eye-Fiも追加オーダー中なのでHX5Vと両刀使いでいこうと思います。使い分けるにはキャラがカブりすぎですがどちらも手放せない相棒になりそうです。


Posted from dPad on my iPad2

Eye-fiダイレクトモードを誤解してた

Eye-fiはもはや存在が当たり前の素晴らしいデバイスです。最近、ダイレクトモードという新機能が追加されました。斬新な機能なのですが、自分の中で誤解があったのでメモしておきます。

YouTube

簡単に説明すると、ダイレクトモードなしの場合、Eye-fiが、登録されたAPを認識するとその時点でEye-fiのサーバーを通してMacやflickrにアップロードを開始する。自宅ではいいけど外出先ではモバイルルーターが必要になる。この場合は外出先では写真を撮った瞬間からflickrにアップされ、帰宅後にMacを立ち上げるとMacに写真がダウンロードされる。

 

ダイレクトモードを有効にすると、指定した時間内に登録されたAPが見つからない場合に限ってEye-fiからiPad/iPhoneに直接写真が転送される。flickrへの転送はiPadのEye-fiアプリを通して自動で行われた。しかし今回誤解した落とし穴はここから。ダイレクトモードを使った場合、Eye-fiの仕事はここで終了。つまり、家に帰ってデジカメの電源を入れてもEye-fiのサーバーに写真はアップロードされない。つまりiPadに転送された写真をMacに同期させようと思うと、iPadをMacにつないで写真を同期させないといけない。

 

何を勘違いしていたかというと、外出先などのAPがない状態ではダイレクトモードでiPadに直接転送でき、なおかつ家に帰れば今まで通りEye-fiサーバー経由でMacに転送されるものだと思い込んでしまっていたところ。これは重大な勘違いで、Macに写真を同期するためにiPadをケーブルでつないでちゃ普通のSD入れたカメラをMacにつなぐのと何も変わらないわけですよ。
それであれば、モバイルルーターでいつでもどこでも写真撮った瞬間からflickrにアップしてもらい、iPadでflickr見ればよく、帰宅したらMacにも自動で転送される、このいつものパターンの方が自分には合ってるし、そうなるとダイレクトモードというのは自分にとって必要ない物だったのではないかと気づいてしまったわけです。

頭が混乱してきましたね。そもそもどうして自分がダイレクトモードに期待してiPadへの自動転送を必要としていたかというと、都心部と違い、名古屋ではWiMAXのエリアがそれほど盤石ではないというのが挙げられ、その場合の補助としてダイレクトモードでiPad2 with 3Gへ転送し、iPadから3G回線でflickrにアップロードするという用途を考えていたからでした。つまり、ゴールはあくまでflickrとMacであり、iPadのみに転送する必要は俺の場合はないわけです。

この事実に気づいてしまい、ダイレクトモード以外の選択肢を考えたところ、iPhone4のpersonal hotspot機能に行き着きました。バッテリーの減りを考慮すると必ずしもベストとは言えませんが、エリアという点では最強のドコモです。モバイルルーターと違い、常にONにしておくわけには行かず、Eye-fiを使いたいときにはiPhone4を取り出してhotspotをONにしないといけないのでストレスフリーとは言えませんが、どうしてもWiMAXが入らないときに限って使うと考えれば大したストレスにはならないかもしれません。

 

ダイレクトモードはあくまでも登録されたAPが一定時間内に見つからない場合に限って起動するように設計されています。これはこれで複雑ではありながらも親切設計なので、WiMAXもiPhoneも入らないときの奥の手として使おうかとも考えたのですが、運用が複雑になるので結局OFFにしました。何も考えずにそこら中にuploadしてくれるのがEye-fiのスマートな点ですのでシンプルな運用を最優先にしました。自分にとっては写真のゴールはあくまでflickrとMacのみに絞り、それ以外は介在させないというシンプルなルールにしたいと思います。あくまで自分にとってのベストな方法であって、Macへの自動転送を必要としなければダイレクトモードは相当便利だと思います。同じ勘違いをされてた人は参考にされてください。

ついでなんですが、Eye-fiには早期に自前のMacクライアントを作って欲しいですね。AIRでは使いにくすぎます。

Posted from dPad on my iPad

次世代デジカメ決定!

Canon PowerShot SX230 HSをAmazonでオーダーしました。
まだ届いていないのでレビューは後日しますが、これに決めるまでの過程がとても苦しみを伴うものだったので備忘録的に残しておこうと思います。

そもそもの大前提としてSonyのCyberShot HX5Vを愛用しています。先にこれについて書きます。
元来、個人的にはSONYのデジカメには否定的というか購入候補にも上がらなかったのですが、その理由としてMemory Stickへの固執が理解できなかった点があります。PSPにも言えるかもしれませんが正直誰も使ってないし将来他社に採用されるような未来があるとは思えない規格にSONYがこだわり続けていたため、そんなカメラを買う気にはなりませんでした。それが、このHX5VではSDカードにも対応を今更果たしたことで突如として輝き始めました。なにせ、SONYです。そもそも技術的には素晴らしいはずなので、それだけにメモステへの固執は愚かというかもったいなかったのですが、HX5Vは当時のSONYの渾身の作品ではないかと勝手に思ってしまうほどの全部入り。カメラとしての性能はもちろん動画はAVCHD Full HD対応、そして作り込まれた おまかせオート機能 スイングパノラマ、なんといってもGPSと電子コンパス搭載というのに魅かれ、即座にIXYから乗り換え購入しました。
正直写真にそんなに詳しいわけではないので凝ったマニュアル機能よりも何も考えずに撮って綺麗な画質で残せればいいのでおまかせオートは必須というかありがたい機能です。実際素晴らしい成果を出してくれています。
次にGPSと電子コンパス。これは個人的に決定打でした。iPhone4での撮影でGPSつきの写真をiPhotoやApertureで眺めて旅を振り返ることがどれほど旅行の記憶を残すことを助け、楽しいことかを味わってしまった以上、デジカメにGPSがつくことは当然の流れだったと思います。

DSC-HX5V | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー

EyeFiとコンビで楽しく使ってたわけですが、1年も使っていると少しずつ不満も出てきました。まずはそのサイズ。やはり現在のトレンドとしてはデカイ。デザイン的にもゴツくてエレガントではない。あとはGPSの仕様が少々雑で、補足してもいないくせに前回のGPSデータをExifに追加してくれたりするもんだからあとでApertureみてビックリなんてことが結構あったり。そろそろ次のデジカメを考えようかなというタイミングで登場したのがiPad2とEye-fiのダイレクトモードでした。ダイレクトモードに関しては別途書きますが、これのおかげで外出先で撮った写真がその場でiPadを通した二次利用が可能になり、写真を撮ることがより"イベントの記録"から"ライフログ"に近づいたこと、iPad2のCPUとメモリのおかげでiPadでの作業にストレスが減ったこと、iPad2のカメラがショボいおかげで@drikinさんがiPad 2のカメラ代りとして最適なカメラは? IXY 410F購入 #canon #camera – Drift Diary XIIIでデジカメとiPadの新しいコンボを提案してくれたことが重なり、日増しに新しいデジカメが必要なんじゃないかと自分に言い聞かせるようになりました。

候補として上がったのはHX5Vの正統進化としてHX9V、そして対立候補としてのPowerShot SX230 HSでした。ポイントとしては①HX5Vと同等以上の静止画が同等以上の手軽さで撮れること、②Full HD対応、③GPS機能、④デザイン、⑤レスポンス、⑥そしてできれば公式なEye-fi対応でした。①と②に関してはHX9Vが勝るのですが③に関してはバッテリーを犠牲にしながらも電源OFFでもカメラそのものがGPSロガー機能を持つPowerShotに強く魅かれました。HX9Vはその点せっかくのGPSの新しい提案としてのアピールが弱く、買い替えの理由としてグッとくるものがありません。④デザインは断然PowerShot。HX5Vでもデカイといってるのにそれより大きくなったHX9Vはちょっと厳しい。実際より小さく見せるエレガントさでもPowerShotに軍杯が上がりました。⑤のレスポンスの悪さは数々のレビューの中でHX9Vが唯一フルボッコにされていた弱店で、特に動画の際にボタンを押してから撮影開始までが遅すぎるらしく、ライフログ的に気軽にガンガン撮るという使い方ではこれは致命的です。ライフログといえば@drikinさんが指摘しておられたCanonのムービーダイジェスト機能は秀逸でPowerShotを選ぶ決め手の一つになりました。⑥は比較的どうでもいいけどEye-fiの状態をカメラの液晶で確認できた方が精神的には安定できてこれもCanonの勝利。

キヤノン:PowerShot SX230 HS|概要
DSC-HX9V | デジタルスチルカメラ Cyber-shot“サイバーショット” | ソニー

以上のようなことを考えながら8月くらいまでにゆっくり決めればいいかなぁと思っていたところ、Facebookで悩んでいたところ@drikinさんにCyberShotの誘惑を受け、まんまと(←スイマセン)Canonをポチっていたという次第ですw
③の事があるので互換バッテリーもRowaというメーカーのものを注文しておきました。ネットでは比較的叩かれていなかったメーカーなんですが2個セットで1500円くらいって大丈夫なのだろうか。。

5/11、Eye-fiシリーズの値下げを受けてEye-fi mobile X2を予約しました。これで2台ともEye-fi使ってiPadで楽しめます。HX5Vも思い入れがあるのできゅうに手放す気にはなれなくて結局両方使ってやろうと思っています。さっき大きさがどうのこうのと言ってたのを突っ込まれそうですが人間そんなもんです。

HX5Vを選んだところから振り返って思考過程をとりとめもなくメモしたので長くなりましたが、とにかく早く届いて欲しいものです。

Posted from dPad on my iPad

iPad2の中身を晒す

null
現在のホーム画面。Dockには読書系アプリ、dPadとSafari、bingとiCal、前のエントリーで書いたQwiki for iPadが君臨しています。
bingに関していえば、Microsoftのアプリを入れるなんて少し前までは考えられなかったですが、iOSのアプリに限っての話、よくできています。Windowsとかもうやめた方がいいんじゃないの?
dPadについてはもう説明不要な感じですね。これ以外でブログ更新する方法忘れました。標準アプリです。
あとまだ試せていないのはiMovie。デモ見るとなかなかすごそうですね。
Evernoteは鉄板として、最近始めたのがSpringPad。Evernoteに入れてた情報の一部を移した他、ToDoも管理できて便利です。いずれ別に書きます。EyeFiに関しても近々書きます。イチローは偉大です。

1000000230
AudioGalaxyはネット経由で自宅のiTunesの音楽を再生できるスグレモノ。ただしやっぱりDRMつきは再生できないのがこうゆうアプリの限界。
PhotoRocketPictShareは共にflickrに写真をアップするアプリだけどPhotoRocketはどうゆうわけかアップしてから忘れた頃にしかflickrに反映されないので削除候補。iPadには対応してないPictShare使ってます。

null
ここはiPadの至宝レベルのアプリが多いです。iWorksは当たり前、OmniGraffleが最近のお気に入り。Omniのアプリって高いけどかなり完成度は高くて満足しないことはないと思います。

1000000232
System managerspeedtestは起動する度にニヤニヤできる癒し系アプリですw 自己責任で。いま検索してみるとSystem Manager for iPadってAppStoreにないですね。。

null
The Dailyやらは暇つぶし兼英語の勉強です。ReederはいつになったらMacAppStoreに来るんでしょうね。軽いままでいてもらいたいものです。

1000000234
twitterは純正品使ってます。金払ってまで別アプリ使う気にはちょっと。。

null
旅行アプリ各種。旅行の予定はありません。FotopediaのHeritageは実に良くできていて、美しい写真が満載です。これでケルンの大聖堂の写真みるとテンション上がります。ほんとオススメ。

1000000236
ここは少しゴチャゴチャしてますが、断然使用頻度が高いのはi文庫HD。ググれば死ぬほどレビューはあるので割愛しますがiBooksはかくあるべきといえるアプリです。フォルダなんて作ってますがはっきりいってこれしか使ってないかもしれない。

以上、現時点でiPad2で使ってるアプリです。実は2面もあるのですがそこは仕事専用なので。ビデオ会議ができるアプリケーションで何かおすすめないでしょうか。SkypeはiPad対応できてないばかりかMSとゴチャゴチャしてたりまったく期待できないので何かあれば教えてください

Posted from dPad on my iPad

Qwiki for iPad

null

最近、Flipboardを押しのけてiPad2のdockに登録したのがQwiki for iPad。簡単に言うとWikipediaなどの情報から自動的に生成された解説ムービーを見ることができるQwikiというサービスのiPadアプリ。一体どうやってるのかまったくわからないけどとにかく良くできてる。現在位地周辺の情報を観たりもできるし、ヒマな時間に好きな都市や人物、企業の情報を調べるのにはWikipediaよりおもしろい。co-founderはAltaVistaのfounderらしいけど、すごいこと考える人がいっぱいいるもんですね

Posted from dPad on my iPad