月別アーカイブ: 2012年6月

SONY DSC-RX100購入レポート

前々からtwitterやfacebookで言っていた通り,SONYのRX100という1.0型CMOSセンサーを搭載し2020万画素でレンズはCarl ZeissでF1.8,RAW記録可能という意味のわからないスペックの"コンデジ"に興味津々でした。いま持っているカメラの最高峰はNEX-5Nで,これ自体にはものすごく満足しています。レンズを交換する楽しさや連写速度などどれをとっても今までのコンデジとは違う世界を見せてくれて大活躍しています。買って半年で撮影枚数は7000枚に到達する勢いです。
逆に,それまで使っていたコンデジはSONY HX5V,Canon SX 230HSでしたが,正直iPhone4Sのカメラ性能に加えウェブでの使いやすさに完敗して使う場面がなく,奥さんに使ってもらっていました。

続きを読む

iPad Smart Cover

DSC06366_DxO

MacBook Airを買った翌日,Thunderboltケーブルを買うためにApple Store Nagoya Sakaeに戻ったときについでに目に入ったのがiPad Smart Case。勢いで買いました。そんな高くないし。

続きを読む

今年もMacBook Airを買ったよというお話

日本時間の6/12未明のWWDCでMacBook Air mid 2012とMacBook Proが発表され,さらにはNew Generation MacBook Proとして15inchのMacBook Pro with Retinaがデビューしました。ひっそりと愛しの17inchは殺されました
今年は野良ustのおかげでリアルタイムで見ていて猛烈に悩み苦しみました。

RetinaがMacBook Proのフラッグシップとして発表されるのはある程度想定の範囲内。MacBook AirもIvyBridgeになりメモリ倍増とこれまた順当なアップデートです。”完成形”といってもいいかもしれない。Retinaに関しては猛烈なアピールポイントとはいうものの2-3年も経てばバッテリーやコストの問題も解決しAirも含め全モデルRetina化は既定路線でしょうし,Appleがあえて非Retinaモデルをスタンダードのラインナップに据え置いてRetinaを”New Gen”として特別なラインに据えていることをみると実験的なポジションと想像され,初代Airと同様のいわゆる初物の怖さを考えても,Retina MacBook Proは”1世代もしくは2世代待ち”が妥当な判断だと思います。現在Airをメインに使っている身としては順当なアップデートを遂げたMacBook Airを買い換えるのが最も正しい選択に決まっています。知ってます。

 

続きを読む