Apple TVのSiri remoteによる腱鞘炎

Pocket

Apple TVのSiri remoteによる腱鞘炎Beauty and InsanityApple TVで遊び呆けているのですが,子供のためにと思って買ったBeat Sportsというアプリが子供にはまだ難しくて結局自分で遊んでいる始末です。
このアプリは的に向かって親指でtouch surface上を弾くように動かす操作があるのですがこれを繰り返した頃からどうにもMP関節が痛く,尺屈で増悪します。安静時でも軽く痛みがありますが幸い拇指だけに限局してます。
 description=

どう考えてもあれが原因としか思えないのですが、普段あれだけiPhone触っててこんなこと初めてです。

思えばガラケーの頃が親指単独にかかる負担としては最大だった気がしますがiPhone 6 Plusまでくると親指だけで入力するよりも他の指、もしくは手全体を動かす傾向にあるのでストレスが分散しているかもしれません。

しかしSiri Remoteは容赦なく拇指だけを狙ってきます。下手なことしてRemoteごと飛んでいくとTouch Surfaceが割れるといけないので力が入ります。この状態で親指だけを動かすというのはやはり負担が大きいかもしれません。もちろん何事もやりすぎなければいいのですが気持ちよくてついやりすぎちゃったんですね。Loopみたいなストラップ(Amazonで売ってないからアフィリンク貼れなくて名前調べる気にもならない)つけるとその分脱力できて負担が減るかもしれませんね。個人的にはそこまでしてゲームしませんけど。このままやり続けたら手根管症候群すら狙えそうです。既にピペット操作に支障が出ています。

というわけでいくらあのUIが気持ちよくても控えめに楽しみましょう。

関係ないけどflickrアプリは再び日本のAppleTVに帰ってくるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です