Adobe Revelのキャッシュ

Pocket

Adobe RevelのキャッシュBeauty and InsanityBeauty and Insanity on Flipboard – Flipboardより。

先日、SONY RX1で撮った写真をMacBook Pro with Retina Display 2012で現像してたら、何やら空き容量が足りないとアラートされてびっくりしました。iTunesもApertureもライブラリを外付けポータブルHDDに移してあるのにそんなにローカルスペース食うことなんてあるわけないんです。その他もろもろのビデオやら何やらもBitcasaに移してあるしここまでしててローカル足りんと言われてしまうともはや心外というか何かがおかしいに決まっているわけです。犯人捜しです。

そこでOmni Disk Sweeperというアプリで自分のハードディスクの中を調べてみました。
すると、~/User/Library/Containers/com.adobe.Carousel.mac/Data/Library/Cachesというファイルが350GBくらい陣取っていました。ちょっと待てと。350GBですよ。大きいというかもはや侵略レベル。
Adobe Carouselというのは現在は名称が変わっていてAdobe Revelというアプリです。Macの他にiOSデバイス向けのアプリも公開されていて容量無制限で全ての写真を放り込んでクラウドを利用してすべてのデバイスでライブラリを同期してくれます。Adobeらしく簡単な編集機能も備えていて、加えた変更は即座に他のデバイスにも同期されます。
Untitled photo

容量無制限というのが実に気に入っていて、最近は動画に対応したりRAWにまで対応したりとAdobe無双と言っていい状態になっています。AdobeというとどうしてもLightroomやPhotoshopなわけですが、実はこっそり今後のAdobeのクラウド戦略の鍵になるプロダクトだと思っています。Everpix亡くなっちゃったしね。
で、すべてをクラウドに保存できるわけですが、一応Adobeとしてはいずれか1つのデバイスではローカル保存を有効にしておいてね、と言っています。安全のためというか保険ですね。しかしながらそれはわかっちゃいるけどもローカルの容量食われるんならRevelの魅力は8割引くらいになっちゃうわけです。というわけでローカル保存をしない設定で今日まで利用し続けてきたのですが、先ほど書いたとおりとんでもなく巨大なファイルが生成されていてディスクを圧迫していました。

そこで気になるのは、これ消してもいいのかね?ってところです。
一応キャッシュって書いてあるし構わない気もするのですが350GBもあると消して何かあると取り返しがつかないんじゃないかと不安で仕方ありません。
調べてみると、公式のサポートに同じことで悩んでおられる方がみえました。この方もローカルへのキープをしない設定にしておられるそうです。
Disk Usage of Adobe Revelというトピックに中の人が回答してくれています。

”You can delete both the Adobe Revel Library, and also the cache folder you mentioned, and both will be rebuilt the next time you launch Revel. If you don’t mind signing in again, and immediately disabling Keep Originals again, you can simply delete ~/User/Library/Containers/com.adobe.Carousel.mac/ ”

一応全文読んで自己責任で判断いただきたいのですが、ざっくり言うと、どんどん大きくなっちゃうから消してもいいよ、次の起動のときにまた作り直すから。って感じです。

まぁ、これでダメって言われたらほんとに継続利用を考え直すレベルの話なんで当然なんですけど。お言葉通り先のファイルを消し去ったところ残り空き容量は500GB近くになりました。ちなみにその後もRevelは特に問題なく快適に使えています。

同じようなことで心当たりのある方はチェックしてみてください。

小ネタ好きな方はFlipboard購読してみてください。
Beauty and Insanity on Flipboard – Flipboard

Posted from Drift Writer on my iPad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です