Adobe Revelが死んでる件

Pocket

Adobe Revelが死んでる件Beauty and Insanity先週Adobe RevelのiOSアプリのアップデート2.3.2が出たのですが、アップデートできずに困っています。

一番困るのはAdobeがそれを放置して1週間も経つことです。

写真の管理って皆さんどうしているのでしょうか。
写真と言っても僕の場合いろんなカメラで撮るし、とっさのときにはiPhone 5sでも撮るし、データもRAWだったりJPGだったり。。
写真だけでも混乱するのにiPhone, iPad, iPad mini, MacそれぞれのデバイスでWebから保存した画像だったり電子書籍読んでてスクリーンショット撮ったり……カオスです。

Adobe Revelは誕生当時(Adore Carouselという名前でした)からどんどん進化してRAWも動画も同期対象になりました。素晴らしいです。無制限ですからね。

しかし不満がないわけではありません。
まず、Macアプリが手抜き過ぎ。一体いつからアップデートされてないのか覚えていませんが、Macアプリだけは動画もRAWもPNGもサポートしてないのです。やる気あんのかお前。

さらにAdobeの中でRevelってなんなんだろうなっていう話。
Revel誕生当時とは状況がかなり違うのです。Creative Cloudで月に1000円弱払えばLightroom for iOSが利用できてMacとiOSデバイスの画像データの一元管理がかなり現実的になったことが一つ。実際にはLigrtoom for MacのSmart Collectionの同期には対応してないし完璧というわけじゃない。
ただしRevelの存在感はかなり薄れたのは確かです。
そもそもAdobeが近年力を入れているCCからはRevelは良くも悪くも縁遠い存在で、Revelにある写真を参照してLightromやPhotoshopで編集できるわけでもないしなんか孤立してるんですよね。
Elements製品のCreative Cloud加入はありうる? アプリ無料化の目的は? -アドビ システムズのコンシューマ部門担当者に聞く今後の展開 (1) 写真共有サービス「Revel」がコンシューマ製品群の「柱」 | マイナビニュース
こんなインタビューもあると期待しちゃうんですけどね。

しかもApple好きにはご存知でしょうがAppleの方針としてはYosemiteで長年アップデートのなかったApertureの延命予定がないことを公式発表し、PhotoStreamもひっくるめてiCloud Photosとして新装開店します。それがどれほどの性能かは確かめようがありませんが、Apertureを殺す以上はある程度の高度な編集機能が内包されるのでしょう。
まぁ、ちゃっかりAdobeが歓迎コメント出してたりしますけど。

この2社の間で翻弄される私としましてはさっさとAppleがAdobeを買ってwindows版もAndroid版も開発終了して私の環境が勝手にどんどん整理されればいいと願うわけです。がしかし、なかなかそうもいかない以上、そしてYosemiteもiOS8もPreviewでしかない現状ではRevelがないと困るんです。iCloud Photosだってたかだか1TBが上限だし、そもそもIt just worksするかどうかもわからんじゃないか。おい静かにしろ!

今日の段階ではRevel様しかいないのにこの体たらく。ここまで語るのに長かった。
いやいくらなんでもこの状態をなんのstatementもないまま1週間はどうかと思いますよ。Mac版の放置は許すとしても。少なからず金払ってるんだし。web版を使えと言われましてもweb版を使うにはMacが必要なわけでMacアプリは繰り返す気にもなりませんがネグレクトの最果てなわけですよ。困ってるのはiOSユーザーなの。なめてんのか。

以上、酔っ払いながら思いの丈をぶつけましたが、とりあえず困ってますのでAdobe様による一刻も早い問題解決を願っております。Macアプリもいい加減どうにかしろ。Androidアプリ作りましたとか余計なことすんな。お願いしますよほんと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です