Let’s talk MacBook Air

Pocket

Let’s talk MacBook AirBeauty and Insanity今夜のLet's talk iPhoneにむけて盛り上がりつつあるところですが、その興奮で忘れてしまわないうちに書いておきます。

写真の管理と簡単な編集にApertureを使っているのですが今まではメインマシンだったMacBook Pro 17inchで使っていました。しかし先日書いたような世にも悲しい事件が起こり事情は変わってきました。気のせいかも知れないのですがパフォーマンスが落ちた気がしてApertureとか重くてやってられないのです。よく考えれば落とす前から重かったしいろいろインストールしては消してるしソフトウェアの問題だとは思うのです。実際各種診断ソフトでもハードウェアの異常は見つかりません。ただ落としてしまった自己嫌悪からかどうしてもあの事件のせいに思えてしまいレインボーカーソルに耐えきれなくなってきました。
もう一つはAirの使用頻度の高さ。これはもう尋常ではないレベルで、ほぼ相棒と言っていいほどどこへでも持ち歩き仕事のデータも即座に入力して編集しています。こうなってくると写真管理だって旅行先でもどこでもしたくなってきます。
悩んに悩んだ結果、Airに移行しました。

ここで問題となるのがApertureの要求するマシンスペックの高さとAirの11inchという作業領域の狭さ。

一つ目に関しては予想異以上に問題なし。問題ないどころか快適そのものでApertureとiMovieとPulpMotionが同時にサクサク動いてます。恐るべきCore i7。Ultimate modelにしてよかった。。

MacBook Proも旧型とはいえ2年前のモデルなんですけどねぇ。月日は恐ろしい。

二つ目の画面サイズに関してはやはり不満です。17inchを買い続けているというとデカすぎるとかいろいろ言われるのですが、あの作業領域の広さは一度味わうと忘れられない快適さなんです。Cinema displayにAir繋げばいいと言われればそうなんですが、それだとAirの可搬性が犠牲になるし、そもそもノートパソコンの自分とキーボードとスクリーンの一体感というか距離の近さが好きなんです。13 inchにしちゃうのも邪道な気がするのでしばらくは耐えるしかなさそうです。少し前に噂になったAirみたいに薄くてSSD搭載のMBP17でも出たら考え直します。

ちなみに移行そのものはAperture libraryをコピーするだけ。AirDropで瞬殺です。
ただしAirの弱点である容量の問題は深刻でSSDに余裕がなくなってしまった。クラウドに移そうにもDropboxは100GBまでのプランしかないし空きもない。しかも各Macにファイルが同期されるタイプなのでそもそもストレージの節約にはならないんですよね。

とはいえやっと快適なAperture環境を手に入れて非常に満足です。こんなに薄くてパワフルなモンスターマシンを安く提供してくれてるのはすごいことです。

ではiPhone5に備えて寝ましょう。4Sだけなんてことがありませんように。

Posted from DPad on my iPad2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です