Surface Pro 3 vs MacBook Air

Pocket

Surface Pro 3 vs MacBook AirBeauty and InsanityMicrosoftのSurface Pro 3を勢いで買ってdisりまくりつつもSurfaceの使い途を模索しているマカーです。
昨日Podcast収録中に押していただいたのですが本家サイトでMacBook Airとの比較がされていると聞いてのぞいてみました。
新しい 12 インチ Surface Pro 3 を MicrosoftStore.com で – Microsoft Store Japan オンライン ストア

せっかく本家が盛り上げようとしてくれているので一つ一つギャグを噛み締めてみましょう。
性格悪いとこういうとき捗るわー

①モバイル

MacBook Airより大幅に薄型化、軽量化。
MacBook Airは1.3kgもあるそうです。
体感では明らかにSurfaceの方が重く感じるけど。おそらくその理由は形で前にも書いたけど初代iPadみたいなんですよね。
初代はスペック以上に重く分厚く感じた記憶があります。その後、実際の薄型化とともにエッジにアールのついたデザインになり体感的にも薄さを強調していきます。
実際の薄さはMBAの一番分厚いところで比べてもそう変わらないはずです。ましてタイプカバー込みというなら。
一番薄いところで比べたらそりゃもう…
デザインという点では比べてはいけなかったという教訓が得られます。

②タッチ

MacBook Airは非タッチディスプレイでSurfaceはマルチタッチだと。
うん、MBAはノートPCだから。iOSじゃないし。

③ノートPC & タブレット

MBAはタッチスクリーンは無し、キーボードも取り外せません!!
だそうです。取り外したいの?
この項目そのものが答えだと思うのですが。あくまでもノートPCであって目標はiPadになることです、なんてMBAは言ってないんですけどね。

④ビジネスシーンでの活用

MBAではMac用Officeはあるけど多くのビジネス用Windowsソフトウェアは利用できません。
…うん、Macだからね。としか言いようがないんですけど、Windowsソフトウェア使いたくてMac買う人いないでしょ。
確かにビジネス(といっても範囲が広すぎて一概に言えませんが)向けの用途だけであればWindowsの方がアプリケーションは多いでしょう。Windowsにしかないアプリを仕事で使わないといけない人は最初からMBAを考慮に入れないでしょうね。
そもそもこれに関して言うとSurfaceに限らずWindowsマシンならWindowsソフト動くわけで(当たり前すぎて書くのも憚られますが)、逆にMicrosoft謹製のWindowsマシンでWindowsソフトウェアが動かないなんてことを誰が想定しているのでしょうか。

⑤手書き入力

これも確かにMBAにはないですね。ノートPCだから。

⑥内臓カメラ

さすがというか、盛大なオチを用意してくださっていましてMBAには背面カメラがないよっと。
ノートPCの自分向いてない側にカメラが欲しいと言っている人に今まであったことがないのですがMicrosoftにはそういった方が多くお勤めなのでしょうか。向かいの方の机上の書類を盗撮するくらいしか用途が思いつかないのですが。
MBAには今後も必要ないのでは。

ドヤ顔で全部盛りにして風呂敷広げたけど一向に一般に浸透しないというのはAndoroidにも共通した様式美のようですがやはり元祖はMSでしたか。
誰も羨ましがってないことをひたすら自慢してくるウザい人ってまだまだ短い人生の経験でも数人いましたが、終始それに似た不快感にあふれています。
仮想敵国をMBAにするかiPadにするか検討した結果、Surfaceの中途半端さゆえにどちらと比較しても突っ込まれてしまうのは宿命でしょうか。余計なことしなければいいのに。

価格も徹底的に比較していただきたかったところです。

20年もApple一筋だった自分がGoogleが勝手にした宣言破って悪になったりMSがOutlookとかOneDriveとか素敵な製品出してきたことで試しにSurfaceでも買ってみるか、と無駄に高い金払ってトライした結果やっぱりクソだったて日々いいところを探そうと努力しているのにこんなの見ちゃうと萎えてしまって文章が悪意に満ちてしまいました。ブログ用マシンとして安定しつつあったのですが。

実際ディスプレイとか綺麗だしハードウェアキーボードある分(別売、1.4万円)キーボードショートカットも快適だしスタイラスペン(なぜかこっちは付属)は優秀でイラストとかにはいいらしいし、Surafaceだから得られる体験をもっとこう上手に訴えてくれれば違うのだろうなと思います。用途によっては好意的な評価もあるわけで、なんかもったいない。

このエントリーはiPad Airで作成されました。

Posted from Drift Writer on my iPad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です