白いわんぱくジムのススメ

Pocket

白いわんぱくジムのススメBeauty and InsanityRecently Added-33

日々子育てに悩む父親です。

うちの長男はおかげさまで大変わんぱく、いや凶暴でして男の子というのはこうゆうものかと驚かされています。X JAPANのライブDVD観ながらXジャンプは2歳になるかならないかの半年前に習得済みです。ちなみに次男もいるのですが幸いにしてまだミルクを飲んでいる赤子なので被害はあまりありませんがふたりとも少しずつ大きくなっていくと単純にx2ではなくシナジー効果として家財や両親の精神も体力も崩壊させられていくのだろうと思うと少しファンキーな気持ちになってしまう30歳に突入したところです。

子供の脳の教育は2歳までが勝負と勝手に思い込んでいるのですが、かと言って英才教育しようと思って少ない時間で本を読み聞かせようとしてもじっとしておられず飛んでいってしまうし途方に暮れています。勝手にお古のiPad 2でぷーさんやcarsの絵本みたいなアプリをマルチタッチジェスチャーで使いこなしておとなしくしているときもあるのである意味では英才教育かもしれませんが。

教育という意味では頭を使わせることも大事ですが、やはりなるべく小さい時に体の使い方というか重心の置き方を体得させるというのも脳にとって絶対的に重要です。大体のスポーツなんて重心をコントロールできればそれなりに出来ると思うのです。筋トレひとつとっても重心の置き方ひとつで腰を痛めたりするんですよ。やってればわかりますけど。柔らかい筋肉の付け方とかその辺の理論はまた別で。

体力テストの成績が最近の子は落ちてるとか大したデータもないくせにいろいろ言われていますがおもいっきりボール投げられる空き地もないし公園でそんなコトしたらどこかのババァに怒られたりしちゃうわけでそれは体の使い方覚えることなんて難しいだろうなというのが実際のところではないでしょうかね。俺が子供の頃ですらそうでしたから。

じゃあどうするかというと家で遊ばせるしかないんですよね。所狭しと駆けずり回ってはいますがあまりやり過ぎると下の階の方に迷惑になったりするし走るだけではたかがしれています。

先日、大先輩のお宅にお邪魔させていただいたときに目にしたのがジャングルジムでして、そのお子さんたちはうちよりも3つくらい上ですけど実に楽しそうに自由自在に登ったりしているのを見てこれはいいな、と思いました。帰り道に歩きながらオーダーしました。バーの部分はロール紙でできているので不要になったら燃えるゴミで処分できます。すばらしい!

他のご家庭ではどうなのかわかりませんが、うちの子はなかなか寝てくれません。12時とかでも余裕で起きて走り回ってます。寝室に連れて行っても暗闇でiPadいじってます。ブルーライトなどどこ吹く風、血は争えません。聞くところによると同じ職業の両親を持つ子供でもしっかりしたおうちだと8時に寝かせたりしてるらしいのですがそもそも俺帰ってくるの9時頃だし無理。朝起きる時間は当然ながら保育園に合わせてなので、鎮静と鎮痛じゃないですけど健全な睡眠時間の確保のためにはいかに早く疲れさせて寝てもらうかがとても重要です。ジムは全身使うから疲れて寝てくれるのではないかと期待したわけです。テンション上がってうるさくなっただけであまり寝ないので今のところその目論見は外れていますけど。

ジムはいろいろ組み替えられるのですがとりあえず最上級コースにしました。背伸びしないと成長しませんからね。低い部分に捕まれば次男がつかまり立ちするのに役に立ちますし。組んでみるとわかりますが、かなり大胸筋を使いますので正直頻繁に組み替える気にはなりませんw

子供というのは常に親の想像の斜め上をいくというか、親が子供をなめすぎているのかもしれませんが、組み上がったばかりのジムに車を引っ張りあげて車に乗ったまま滑り台を駆け下りた時にはワイルド・スピードやMission Impossibleをみせすぎたことを悔やみましたw ま、そうゆうのも大事か。怪我さえしなければ。

どうか次男の上に飛び降りることだけはしないでくれと目を光らせる毎日です。リスクとベネフィットを秤にかけてあまりリスクが大きすぎるのはだめですけども、とるべきリスクは全面的に受け止める責任が親である以上必要なんでしょうね。

この時間にワイン飲みながらブログ書くと進むの早いなww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です