カメラ処分終了、シンプルに。

Pocket

カメラ処分終了、シンプルに。Beauty and InsanityIMG_7584

予告していたとおり、所有するカメラの整理が一段落しました。

上はわずか3週間前までの装備。正確にはこれにGoPro HERO3が加わります。

20140927_090239376_iOS

こちらが現在の姿。この写真をとっているiPhone 6 Plusも。

とてもスッキリとしたシンプルな装備になりました。

1枚目の写真からSONY DSC-RX10, GoPro HERO3、SIGMA DP1Merrillを処分したことになります。

嬉しそうに書いていますが、心中はとても複雑です。いずれも思い入れのあるカメラでした。

GoPro HERO3は一度カバー付けてしまうとアクセスが悪すぎてドラレコとして以外はあまり思い入れないかな。

GoPro HERO3開封の儀

RX10は子どもと動物園に言った時にズームでもとても綺麗な写真を残してくれて今でもその写真がApple TVに流れると子供は奇声を上げて喜びます。

SONY Cyber Shot DSC-RX10を買いました。

SIGMA DP1Merrillは@drikinさんと@nobu417さんとヨドバシアキバで衝動買いして以来、そのクセの多さに戸惑いながらも綺麗にとれた時の圧倒的な解像感に心を奪われ必死で息を止めて脇を閉めて撮影しまくったものです。

そのときの楽しいエントリーはこちら。

しかし子供が2歳にもなるとそんな余裕を与えてくれず、すっかりiPhoneが主役になりました。DP1Mは子供の動きについていくためのカメラではないのです。そういったカメラのキャラの違いを使い分けるほどに余裕もなくだんだんと使いたいけど使えないカメラになってしまったDP1Merrill。新型のQuattroシリーズを自分のような人間が我慢出来た理由はまさにそこにあります。

神戸ではRX1とDP1Mの撮り比べとかもしました

foveonセンサー、Macもロータリーエンジンも。。マジョリティなクソではなく、尖っていても知名度が低くてもマイノリティでも本当に良いもの。そういったものを愛し続けてきた自分にとってDP1Mとの出会いはとても嬉しいものでした。ゴミみたいな写真しか撮れないこんなカメラ素人にさえ新しい世界を見せてくれました。SIGMA純正アプリでしか扱えないRAWファイルには手を焼きましたがw

アキヨドで勢いで購入してから2年間、楽しかった。

20140927_083030743_iOS

つい先程、高く買ってくれる業者に向けて送り出してきました。

子供が大きくなって落ち着いたら絶対にまたその時点での最新型を買って写真を撮りまくりたいと思っています。それまでの一時的なお別れです。

Surface Pro 3が箱の下に写ってますけど一緒に売り飛ばしたわけではないですよwこれはほんとにクソなので処分したくなってきましたけどね。

というわけで残った装備はSONY RX1を筆頭にSONY QX100、Canon S120、iPhone 6 Plusです。絶対的性能を誇るRX1とキワモノすぎる個性のQX100はともかくS120の処遇は悩んだのですが、プラスムービーオートというオンリーワンがあるので処分できず。尖っている事こそが価値。iPhoneが同等の機能を搭載してくるまでは手元におきたいですね。ちょっとした旅行に行くときとかこれで子供を撮っておけばダイジェストムービーが出来上がって写真だけとは一味違う思い出を残せるんですよね。子供って泣き声も笑い声も数ヶ月で変わってしまうので。

小学校に上がって運動会とかズームが必要な機会が増えたらRX10みたいなカメラが必要になるのかもしれませんね。iPhoneが光学ズーム搭載したりしてw

結局は子供に合わせて装備を入れ替えなければいけないようですが、基本はシンプルに。つらい別れはあってもシンプルさに立ち返れたいい機会だったのではと思います。カメラが少なければ少ないほど集中して子供の一瞬を切り取れるはずです。
シンプルさ=選択と集中。

あ、Narrative Clip。。

Posted from Drift Writer on my iPad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です