またもや起動ディスクが容量オーバー、今回の犯人はOneDriveだった

Pocket

またもや起動ディスクが容量オーバー、今回の犯人はOneDriveだったBeauty and InsanityおとといからMacの起動ディスクがフルになっていますと警告が出続け仮想メモリも効かない状態でめちゃくちゃ遅い処理にイライラしていたのですが、ついに犯人がわかりました。

どうせまたAdobe Revelのキャッシュだろう、とタカをくくっていたのですが、Omni Disk Sweeperで犯人探しをしてみると、意外なアプリでした。

onedrive problem

これは、~/Library/Containers/com.microsoft.OneDrive-mac/Data/LibraryにあるLogsというフォルダーです。

なんと!数百KBのログファイルを1年かけてせっせと作り続け、200GBもの容量を食い尽くしていました。地味な嫌がらせですね。ありがとうございます。200GB!

Microsoftのサポートコミュニティを調べてみると同様の報告がありました。
OneDrive (Mac) SyncEngine files fill drive
Mac OneDrive continuously creating log files that fill up hard drive

起動直後に落ちてしまう人もいるそうです。アプリ作ってる当事者が解決できないなんてク○が!みたいな感じになってます。

で、この2つの解決法として誘導されているリンク先がAppleのサポートコミュニティなのですが(笑)、解決した人としない人がいるようです。

https://discussions.apple.com/message/21813055#21813055

ちなみに僕の環境では解決はしませんでした。数秒おきに小さなログが延々と作られています。これはひどい。

毎回コンテナ開くのもめんどくさいのでしかたなくLogsフォルダのエイリアスをデスクトップに作って気がついた時にせっせと中身を消すことにしました。

一体なにが原因なんだww謎すぎる。

いい方法知ってたら教えてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です