MacBook時代のiPad再考

Pocket

MacBook時代のiPad再考Beauty and Insanity先日お伝えした通り新型MacBookを手に入れて有頂天な毎日ではありますが,その際に専門書の電子書籍アプリさえMacに対応すればもうiPad要らねーぜ!みたいな粋がったことを書いてしまったのですが,その後ちょっと反省することがあり忘れぬうちにメモしておこうと思います。

実はMacBookを買うかどうかすごく悩んでいた時にこともあろうかiPad AirをiPad Air 2に買い替えるという一見すると支離滅裂なことをしていたのですが,これが実に役に立った出来事がありました。

ちょっとした副業というか本業の派生であるコースのインストラクターをしているのですが,この時に各ブースに分かれてハンズオントレーニングをインストラクションしつつ資料を受講生に見せたり,または自分で資料の確認をしながら教えるのにiPad Air 2が手放せないのです。
そんなこと今更かよ!と自分でも思いましたがMacBookに浮かれてiPadを軽く見過ぎていたのも事実。
そして現状で最軽量,最薄のiPadだからこそスマートかつ一日中使っても疲れないのです。
MacBook Airを手に持ちながらインストラクションしていた方もみえたのですが,いくら軽くて薄かろうがさすがに今の時代不自然に見えました。
どちらがいいという話ではなく,MacBookもiPadもそれぞれが薄く軽くなった上での適材適所だということを再確認しました。

ちなみにキーボードが外せればいいとかそうゆう中途半端な話ではないのであしからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です